So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

にきびとは?

肌トラブル(思春期になると次第に増えてきますね)で、代表的なものと言えば何と言ってもにきびでしょう。

皆さんのなかにも、にきびに悩まれる方はいらっしゃいますよね。では、そもそもにきびとはどんなものなのでしょう?

にきびは皮脂の過剰分泌によって起こる肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなどのような肌トラブルがあります)です。

皮脂(分泌量が多すぎるとニキビや吹き出物などの原因になります)が大量に分泌されると毛穴が詰まることがあります。

その結果、詰まった毛穴が炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などがあります)を起こし、ニキビができてしまうのであります。

これが、にきびが出来るメカニズムなんですね。

毛穴に皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまいます)が溜まらなければ出来ることはないので、顔を清潔な状態に保つというのことが大切なのです。

そして、にきびは思春期の少年少女に出来るイメージが強いとは言っても、大人になってからも出来ますので注意(散漫だとミスやケガが多くなります)する必要があります。

思春期(第二反抗期でもありますね)にできるにきびのほうが治しやすく、大人になると色んな原因が重なってしまうことから、なかなか治すのが困難になることもあります。

ただ、治すのが難しいからと言ってそのまま放置してはいけません。、更にニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の名称です)が悪化したり、ニキビ跡になってしまう可能性があります。

共通テーマ:健康 | 編集

妊娠すると高血糖になりやすいって本当ですか?

皆さんはご存じですか?妊娠すると高血糖(疲れやすくなるなどの症状が出ることがあるでしょう)になりやすいといわれているということを・・・。

これまでは血糖値(清涼飲料水を飲み続けると、血糖値が上がりすぎてペットボトル症候群になる可能性があるでしょう)が正常だったのに、妊娠をきっかけに高血糖(血液中のグルコース濃度が過剰である状態のことを言います)になる可能性があるのです。

そして、妊娠中の一過性の血糖値異常を妊娠糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに異常が発生することで発症すると言われていますがいるため、生活習慣が原因なのです)といいます。

これは妊娠20週以降になるとインスリンの働きが低下することから起きる症状なのであります。インスリンの効き目が弱くなると血糖値が下がりにくくなり、高血糖(多くの場合、暴飲暴食に原因があると考えられているのであります)を引き起こすこともあるのです。

肥満気味の人や体質(形態的特徴、反応機能上の特徴、心的現象上の特徴の三つを合わせた人それぞれの性質のことです)的にインスリンの効き目が弱い方は妊娠糖尿病(血液中の糖濃度が高過ぎる症状のことです)になりやすいと言えます。

通常は出産(哺乳類が子宮から胎児を出すことです)を終えると血糖値(空腹時に80~100mg/dlくらいが正常な範囲ですね)が元に戻りますが、場合によると戻らないこともありますよね。

妊娠糖尿病(血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準よりも高い症状ことを言うでしょう)になると、母体に良くないのみならず、早産(母体の状態によっては、人工的に起こすこともあるのです)を招いたり、胎児にも影響を及す可能性があります。

また、妊娠中は治療(お医者さんとよく話し合うことが後悔しないためには必要です)薬を使う事ができないので、高血糖(夜トイレに行く回数が増えるなどの症状が現れることがあるでしょう)になった場合は食事療法(一番面倒な治療方法だと考えられているのであります)や運動療法で解消するべきです。

仮に治療(最先端のものは高額な費用がかかることが多いです)薬を使用してしまうと胎児に奇形が起こる危険があるんですね。

ただし、あまりにも血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的と言えます)が高い場合はインスリン注射が必要となるでしょう。

タグ:妊娠 高血糖
共通テーマ:健康 | 編集

骨折よりも痛い痛風の悩み!痛風の原因と対策!

痛風(骨折よりも痛いといわれております)の原因は、尿酸と呼ばれる成分にあります。本来、尿酸は血液とともに体内を循環し、最終的に尿としてて体外へ排出されます。

健康な状態であれば尿酸も、特に支障がないはずなのです。しかし、なんらかの原因で体内の尿酸値が上昇することがあります。そうすると、処理しきれなくなった尿酸は体外へは排出されず、体内に蓄積されてしまうんですね。

尿酸が蓄積された状態が続きますと、体内にナトリウムと塩の結晶ができることになります。このようにしてできた結晶を尿酸塩と呼びます。この尿酸塩の結晶が、関節などに付着することで、痛風になるわけであります。

付着した尿酸塩は、あるべきものではありませんから、体の防御機能である白血球が尿酸塩を攻撃することになります。白血球による攻撃で起こる傷みが痛風ということになります。

尿酸値が下がらな“限り、体内の尿酸塩の結晶も減ることがありません。そうすると、いつまでも痛風(尿酸が増加し、排泄が上手く行われないことが原因です)の症状が繰り返されるということなのですね。

痛風を治すためには、尿酸値を下げる事が必須ということになりますね。

共通テーマ:健康 | 編集

膝痛を改善できるテニスボールの効果とは?

テニスボール(ある意味、消耗品ですが、大切に使うことで長持ちしますね)で膝痛(血行不良が原因となることがありますのでこまめな水分補給を心がけるべきでしょう)を治せるといわれています。これって、本当に治るのでしょうか?

実は治すことができるんですね。テニスボールを使うことで、関節包を広げることができます。その結果、関節同士の摩擦を減らせるのであります。

ということで、実際のやり方ですが、まずは、硬式のテニスボールを1個を用意してください。次に、仰向けになって、テニスボールを膝の裏側に挟んだ状態で膝を曲げますましょう。

少しずつ力を入れて、少し痛みを感じるようになる時点で、30秒間ほどキープなさってください。たったこれだけの運動で膝痛(悪化させると手術が必要となりかねませんので早目に治療を受けてください)が改善できます。

たいへん手軽で簡単な方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが大切なんですね)ですから、どなたでもすぐに始められるます。当然のことながら、、1回や2回では効果はありませんので、毎日継続させる事が大切なんですね。

いままで何をしても治らなかったという人がこのテニスボールによるレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことです)をした結果、痛みが消えた事例がたくさんあるそうです。

テニスボール以外に必要な物もありませんし、時間もかかりませんので、可能な限り毎日行うようにするとよいでしょう。

TVでも紹介された膝痛(中高年になりますと変形性膝関節症が原因となることが少なくないんですね)の改善方法(選択を誤ると、取り返しのつかない事態が待ち受けているかもしれません)(経験豊富な人ほど、より精度が高いと言えます)ですから、一度試してみる価値はありそうですね。

しかし、痛みが強い時に無理して行うと悪化する恐れがあるので、様子をみながらになさって下さい。

共通テーマ:健康 | 編集

外反母趾とはどんな病気ですか?

外反母趾(可逆期、拘縮期、進行期、終末期の四段階に分けられるでしょう)という言葉をよく聞きますが、具体的にどのくらいの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しかったりします)のことをいうのでしょうか?

外反母趾とは親指の付け根が外側に飛び出て親指が、くの字に曲がった症状(自覚できるような異変は、何も起こらずに進行してしまうこともあります)のことです。

一般的に、角度が15度以内なら正常と言えますが、15度以上になると外反母趾の疑い濃厚ですので、病院に行った方がいいかもしれません。

初期の段階であれば、痛みもなく普通に生活できます。しかし、20度以上になってしまった場合、飛び出た親指の付け根が靴と擦れることから、痛みを伴うようになるでしょう。

仮に放置するとさらに悪化して、どんどん角度が大きくなったり、二次的障害を引き起こす可能性もあるので注意してくださいね。

外反母趾になると、歩行時に強い痛みを覚えることから、歩き方が変わってしまうおとがあります。

そうなると膝や腰はもちろんのこと、姿勢などにも影響が出て関節痛、腰痛、頭痛などを引き起すことも可能性としてはあるのです。

外反母趾(靴などで締め付けることにより、親指が小指の方に徐々に曲がっていってしまう症状のことです)は軽視されがちかです。しかし、放置すると非常に危険な症状と言えますので、早急に対処する必要があるしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
-  |  次の5件 »
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます