So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

四十肩や五十肩を予防するためには

世間で一般的に「五十肩」と呼ばれる症状というのは、おそらく自分が経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)していない場合、「五十歳ころに肩が動かなくなる病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)」と思っている方が多いと思います。

しかし、実は早い方では30台で出るケースもあります。結局のところ、一番多く出るのが40~50台の為に、四十肩・五十肩等と呼ばれているのです。

どんな方でも必ずなるようなものではありません。また、力仕事をしているわけではなくても五十肩になってしまった方もいるのです。

また、親族に五十肩を発症した方がいる場合には起こりがちな傾向があるんですよね。したがって、遺伝的な要素もあると考えられています。

とうことで、親族に五十肩の人がいる場合には、自分にもその可能性があると考える必要があります。前もって予防対策を取っておいあてょうがよいでしょう。

五十肩は肩の関節の周辺が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こしてしまったりする症状なのですが、重いものをもったり、手を上げた状態で作業することが多い職業の方などは特になりやすい傾向があります。

できる限り肩に負担のかからないような生活を日常的に心がけましょう。また、肩の冷えにも注意したほうが無難です。

また逆に、運動不足の方にも起きやすい傾向があるんですよね。ですから、常日頃から肩を動かす運動を習慣付けもまたたいせつなことです。

自分の肩のあたりを手で掴んで、ひじをグリグリと円を描くように回す運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が効果的なんですね。

ほんのささいな合間にもすぐに行うことが出来る体操(ムリをせず、正しいフォームを意識して、毎日コツコツやることが大切です)ですので、不安のある方は特にこの体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)を習慣づけていただきたいかもしれません。

タグ:五十肩 四十肩
共通テーマ:健康 | 編集

胃がんを治療する薬として漢方はどうでしょうか?

胃がんの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に、漢方を用いるやり方もありますね。



胃がんと診断されました 名医が診断・治療のすべてを解説 (週刊朝日MOOK よくわかる!がん最新治療シリーズ 3)

常識的に考えて、胃がんの手術で胃の切除などをした場合、当然のことながら著しい食欲の低下などが起こります。また、体調が飛躍的悪くなることもあるでしょう。さらには、体力がすごく低下してしまったりすることだって少なくありません。

そもそものお話ですが、抗がん剤による治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)などが行われた場合、色んな副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)により障害が起こってしまう事も多いのであります。

ご高齢の人の場合、体力的な面を考えると治療が困難だという場合があるはずです。こういった、胃がんや胃がん治療に対しては体的に心許ないケースでは漢方薬による療法は向いていると言えるのでしょう。

例えば、低下している体力を補うような治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に漢方薬を使ったり、食欲がない方に対して食欲を増進させる漢方を用いたり、栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)の崩れから来る体調の不良などにも効果が期待できるのです。

漢方はがん細胞そのものをへらすという治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)ではありません。免疫力を高めると言うような、間接的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)になるのですが、体力の無い患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)にとっては、良い治療法と言えます。

胃がんと診断されました 名医が診断・治療のすべてを解説 (週刊朝日MOOK よくわかる!がん最新治療シリーズ 3)

漢方を用いた治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は、副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)がほとんどないという事もからも、メリットのある治療方法だと言えるのであります。

タグ:漢方 胃がん
共通テーマ:健康 | 編集

逆流性食道炎の症状には胸のつかえなどがあります

今の時代、増加傾向にあるという逆流性食道炎の患者数なのですが、もしこの病気かもしれないと感じた際には、すぐに病院で検査を行ったほうがよいでしょう(もちろん、他の病気だって早く病院に行くべきですけれどもね)。

そのまま何もせずにいると症状が悪化することがあります。そうすると、長期間の治療が必要になったり7します。

ところで、逆流性食道炎の検査って、どんなことを行うのでしょうか(検査の内容って気になりますよね)?逆流性食道炎の検査は、下記の通りになります。

(1)問診(できるだけ詳細に説明しましょう)
(2)胃カメラ(苦手な人が少なくありません)
(3)組織の検査
(4)PPIテスト

まず、必ず行うのが、問診(iPadで患者が入力する問診システムを導入している病院もあるんだとか)です。

問診では、お医者さんにどれだけわかりやすくご自身の症状を伝えることができるのかがポイントになります。

逆流性食道炎が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)か判らないという場合でも、気になる事がありますからあれば、遠慮せずにどんどん伝えるようにして下さい。

また、胃カメラを使って、胃の中を確認する場合もありますが、症状がひどい場合、びらんや潰瘍が見られることもあります(これってなかなか辛いものがありますよね)。

また、逆流性食道炎(略して逆食と呼ばれることが少なくありません)なのか、あるいは他の病気なのかを判断する為に、組織の検査を行うケースもあります。

さらには、酸分泌抑制薬による検査、PPIテストが行われることがあるかもしれません。

もし、プロトンポンプ(液体や気体を吸い上げたり、送ったりする機械のことです)阻害薬(PPI)を使って、症状)の改善効果が現れた時、逆流性食道炎の可能性は高くなります。

共通テーマ:健康 | 編集

オロナインがあれば自力で二重になれるんですか?

それは、まるで都市伝説みたいなお話なのですが、オロナインを使うと二重になれると言った噂があります。これは本当なのでしょうか?

もし、それだけのことでなれるのであれば、美容の世界に革命が起きてしまうかもしれませんよ。ところがお~っとどっこい、二重になれる可能性はあるんです。

でも、あくまでも可能性のもんだいですけどね。当たり前のお話、絶対になれるといったわけではありません。

オロナインには発汗作用がありますので、まぶたに塗ったら汗をかき、脂肪を減らすことができるという理屈です。

しかしながら、オロナインには脂肪を燃焼させてる効果はないという意見もあります。さて、どちらの見解が正しいのでしょうか?

ということは、実際に使用してみないと効果が高いのかどうか分からないと言うのが事実といったところでしょうか。

オロナインで二重にしたい場合は、寝る前にまぶたに塗ってください。もちろん、目を閉じたまま眼球を動かします。

そうすると、まぶたが痩せ、二重になるのだって・・・。なんか眉唾に聞こえてしまいますね。

しかし、オロナインは肌が弱い人が使用してしまうと炎症(炎症の五徴候という場合には、機能障害も含まれています)などと言った肌トラブルを起こす可能性があるので、注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)しないといけないでしょう。

また、目の中に入ってしまうと大変なことになりますので、オロナインで二重にしたい場合は慎重にお願いしますね。


共通テーマ:美容 | 編集

ダチョウの卵がアトピーに効くって本当?

ダチョウの卵が大人(子供の頃は、二十歳を超えた人はみんなおじさん、おねさんにみえたものですが、実際自分がその年齢になってみると、案外、子供っぽい部分を残しているものですね)アトピーに効くといわれていますが、本当なのでしょうか?

これって実は、本当の事だったんですよね。

ダチョウの卵には大人(矛盾やままならないことを飲み込んでいける人のことでしょうか。周囲の人に迷惑をかけない、不快にさせないということも大事でしょう)アトピーを解消する成分を含んでいます。

その為、ダチョウの卵を使用したスキンケア商品(日常的にお肌をケアするための商品です)なんかも販売されており、使われている方も多いんです。

大人アトピーの要因としては、黄色ブドウ球菌が大きく関係しているということをポイントとして考えるべきでしょう。

黄色ブドウ球菌が繁殖する事で大人アトピーを引き起こすので、これを抑えるというのが大人(社会的には、二十歳を超えると一人前として扱われることが多いですね。喫煙や飲酒の自由も得られます)アトピーを治すのに必要になってくるんですね。

それに対してダチョウという素材は、なんと卵にその黄色ブドウ球菌を抑える働きがあるということなのであります。ということで、ダチョウの卵は、大人アトピーに効果を期待できると言えるでしょう。

但し、ダチョウの卵を使用したスキンケア商品(美肌、シワやくすみの除去など、配合されている成分によっても、期待できる効果が畭なります)などを使ったからと言って必ずしも治ると言った訳ではありません。

改善する人もいれば、全く変らないという人もいるということ、効果はやってみないとわかりませんよということです。

また、即効性を持ってすぐに改善できる訳ではありませんので、長きに渡って長く使い続ける事が大切なのであります。

共通テーマ:健康 | 編集
-  |  次の5件 »
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます