So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

日常生活における身体的な問題の色々

視力が低下する原因について


視力が低下する原因はと言いますと、それはズバリ眼筋の緊張からくるものなんですね。

例えばのお話ですが、日常生活においてテレビを見る、あるいは長時間にわたってパソコン操作を行う、また本を読むこともあるでしょう。

このように目を酷使することで、目は疲れてしまうのです。そしてこの目の疲れは、眼精疲労という状態になります。これが、視力低下の原因になるということです。

さらに言えば、視力低下の原因は眼精疲労だけではありません。身体的な疲労やストレスなどによって神経が過敏な状態になるなどでも眼筋は緊張状態に陥ります。

これらのことが原因となって、視力が低下するのであります。

ところで視力低下は、姿勢が問題となることもあるのです。例えば、テレビを見る時に寝転がって見る人がいますが、このようなテレビの見方は目の感覚がおかしくなります。

もっと具体的に言いますと、左右の目の距離に差ができるということです。このようなことを日常的に繰り返していると視力が低下したり、左右の目の視力に異差が生じる原因になるのです。

いびきの手術について


いびきと言いましても、その症状の程度つきましては個人差があるものです。いびきの症状が、あまりにも酷い場合は、もしかしたらと手術が必要となることがあるかもしれません。

もちろん、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行することも少ないでしょう)が軽い場合は必要ありませんからね。しかし、重度のいびきは手術をしないと治らないこともあるため注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)すべきです。

特に睡眠(眠ることは、脳や体を休ませるために必要不可欠です)時無呼吸症候群の症状がひどい場合、そのままにしておくと命に関わってしまうため手術をするケースが多いと言えるでしょう。

手術を行ったらスムーズに空気(流れが生じると風と呼ばれます)を取り込めるようになり、いびきは改善できるのです。

人工膝関節手術とその費用について


膝痛と言いますと、慢性化している人も多くいらっしゃることでしょう。ちなみに膝痛の治療方法としては、消炎鎮痛剤(その名の通り、痛みを鎮め、軽減するための薬です)などを使用して薬物治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行ったり、リハビリ(リハビリテーションの略です)治療を行うなどが実施されることになります。

ただし、さまざまな治療法を実行しても、痛みの症状が改善しないとか、痛みが酷過ぎて日々の暮らしにまで制限されるような方は“人工膝関節手術”が必要となる可能性があると言えるでしょう。

膝痛治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)において、最後の砦とも言うべき方法が人工膝関節手術ということになります。

具体的にどのような手術かと申しますと、膝痛の原因となっている部分を取り除いて、そこへ人工関節を埋め込むという手術の方法になのであります。

人工膝関節手術では、膝の表面の皮膚(実は常在菌がいるそうですが、そう考えるとちょっと怖いかもしれませんね)を12~15センチメートル程度切る必要があるのです。なんだか、このことを想像するだけでも鳥肌が立ってしまいそうですね。

しかしながら手術は、全身麻酔(麻酔方法の一種で、意識を失うのが特徴です)を施した上で執刀しますので、痛みを感じることはありません。

もちろん、手術後に麻酔がきれたら、その限りではありませんので痛みが・・・。やっぱり痛いじゃん・・・。

膝関節の外科専門の医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)が行い、1時間くらい十五分~一時間半の手術になるのです。

手術後もレントゲン(X線撮影、レントゲン撮影ともいいますね)を撮影したりするなど、いろんな過程がありますから、病室のベッドに戻れるまでには2~3時間くらいはかかることでしょう

人工膝関節手術で必要となる費用は、病院によっても違いはありますが、だいたいのところ、60万円くらいと考えておいてくださいね。

ただし手術のだけで60万円ですから、それに加えて「入院費用」「リハビリテーション」などが必要ですから、手術後に実施されるある処置のことも考慮すると、200~220万円くらいは準備するべきですね。

共通テーマ:健康 | 編集

加齢臭の原因となる物質ってなんですか?

ある程度の年齢になりますと(要するに中年以降ということですね)、色々と言われることのある加齢臭ですが、その要因となっているのはノネナールと言う物質なのです。

皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)の中に存在する9-ヘキサデセン酸が酸化したり、あるいは分解されるとノネナールと呼ばれる加齢臭の原因となる物質が発生します。

そして40代を過ぎると(年は取りたくないものです)、これらの物質は急激に増加します。若い頃というのは、このような物質が発生することはほとんどありません。

四十歳を過ぎてしまったら活性酸素(飽和脂肪酸と結びつくと、過酸化脂質になってしまう点にも注意が必要ですね)がどんどん増えてしまって、9-ヘキサデセン酸を酸化させる過酸化脂質もまでもが増えてしまうわけですね。

これもまた、ノネナールを発生させる原因となるのです。ということで、四十代になったら、加齢臭の発生する危険性は一気に高くなると認識しておきましょう。

さらに言えば、日々の暮らしや習慣が加齢臭を強くしてしまったりすることもあります。例えば、不規則な生活習慣(主に、食生活や運動量、睡眠時間、喫煙や飲酒などのことです)をしていると皮脂の分泌量が増えてしまい、その結果としてに9-ヘキサデセン酸も増加することになります。

このような状況になりますとノネナールも更に大量に発生することから、加齢臭が強くなるということなんですね。

不規則な生活習慣を続けていると、例え年齢的に若くても加齢臭を発生させる可能性があります。まだ若いからと言って、油断してはいけません。油断大敵ということですね

共通テーマ:健康 | 編集

肝臓ってどんな臓器ですか?

肝腎要の肝臓ですからね、肝臓は非常に大切なものでありまして、体に無くてはならない重要な臓器なのです。もちろん、必要のない臓器はありませんけどね。

私たちが食事をすると、食べたものは巡り巡って肝臓に運ばれることになります。運ばれてきたものを分解してから、体にとって無害な物質にしたり、エネルギーに変える働きをするのが肝臓の役割なのです。

ということは、肝臓が正常に機能しないと、有害な物質がそのまま残ってしまいます。また、エネルギーを全身に届ける事もできないのです。

要するに、生きていくことすら難しくなってしまうんですね。また、肝臓は心臓と同様に、休むことなく常時稼働しています。

そんなことから休息がないため、過重労働になると肝臓が悲鳴をあげて、機能しなくなることだってあるわけですね。その結果、体に悪影響を与えてしまい、恐ろしい病を発症することもあり得るのです。

肝臓は食生活や生活習慣に大きく影響を受けますので、不規則な生活は負担が大きくなってしまって、病気になってしまうわけですね。

一般的に、病院での治療(有効な方法が確立されてないこともあります)が必要な時と言うものは、非常に危険な状態の時なのですということで、こういったこと態を招かないようにしてくださいね。

タグ:肝臓 臓器
共通テーマ:健康 | 編集

うつ病の辛さをお酒で忘れることができるの?うつ病と禁酒の効果

うつ病(新しい現代病と言われるようになって久しいですね)を患っている人はお酒を飲まないほうが良いに決まっています。医師からだって当然、禁酒を勧められることになるでしょう。

なぜならば、お酒を飲むと、うつ病のつらさを一時的にであったとしても忘れる事ができます。そのため、アルコール依存症(男性よりも女性の方が少ない飲酒量でなってしまいます)になってしまう恐れがあるからなのです。

さらに言えば、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうこともありがちなことです)を摂取していると、抗うつ薬などといった効き目が弱まり、うつ病が改善しにくくなってしまいます。

ただでさえ、うつ病(なかなか自分では自覚できないことがあることから、治療が遅れてしまうことも多々あります)の症状に苦しんでいるのに、この上、アルコールを絶つことによる禁断症状にも苦しめられる可能性があります。

しかし、禁酒をする事がうつ病(子供からお年寄りまで幅広い年代の人が発症する可能性があります)の症状の改善にも繋がります。ということで鬱病に苦しんでいるのなら、お酒を止めるべきなのです。

タグ: うつ病 禁酒
共通テーマ:健康 | 編集

パニック障害なのに飲酒ですか?合わない薬とアルコールの相性

パニック障害と飲酒(適度な量であれば、ストレス解消にもなります。あくまでも適度な量ですからね、健康にもいいでしょう)は関連するといわれているのですが、本当なんでしょうか?

もちろん、関係性があると言っても良いでしょう。なにしろ、お酒を飲むとイヤな事を忘れる事ができます。しかしですね、酔いが覚めた時が問題なのです。

酔が覚めた時というのは、多くの場合、強い不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれません)感を伴うわけです。

その結果、パニック障害の人がお酒を飲むと症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんばりましょう)が悪化するケースがあるわけですね。

通常、パニック障害になったら抗不安剤や抗うつ剤、精神安定剤、睡眠薬といった薬を服用して治療をすることになります。

これらの薬をお酒と同時に飲んでしまうと、効果が不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要でしょう)定になるのです。

特に抗不安剤は、お酒との相性は非常に悪く、一緒に服用するのは問題があり過ぎるのです。ということで、お酒を飲むことでパニック障害の症状に悪い影響を与えてしまうことがあるのです。

ただ、全く飲まないことが大きなストレス(完全になくすというのは無理がありますね)になってしまったのも好ましくありません。

仮に、お酒を飲む場合は適量に抑えるべきでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
-  |  次の5件 »
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます