So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

成人病の原因になるうどん

うどんと成人病(生活習慣が大きく影響します)は、一見すると関係がないように見えると思いますが、しかし実は深いところで関係しているんですよね。

うどんといえば香川県です、この県の方たちというのは実際によく、うどん(皆さんは、そばとどちらが好きですか?)を食べることでも知られています。そして香川県の人は、成人病になりがちというデータもあるのです。

その中でも糖尿病患者や糖尿病(血液中のブドウ糖濃度が高くなりすぎて、血糖値やヘモグロビンA1c値が基準値よりも高い状態のことです)予備軍が多く、全国平均よりも10パーセント以上高いと言われているのです。

香川県といえば何と言っても、讃岐うどんがよく知られているわけですが、これが大きな原因となっていると言って良いでしょう。讃岐うどんを食べる人は、噛まずに飲み込むという習慣があります。そんなことから栄養の吸収が早いという特徴があるんですね。

栄養吸収が早いということは、血糖値が急上昇することを意味しています。その結果、高血糖になりやすく、糖尿病を発症する可能性が高くなってしまうという流れなんですね。

また、うどんと一緒に天ぷらやおにぎりといった炭水化物の多いものも食べるケースが多いことも問題なのであります。

したがいまして、よく噛まないでに飲み込んでしまうこと、そして炭水化物の過剰摂取が香川県の糖尿病患者の多さのを押し上げている要因ということになるのです。

また、野菜(最近ではマクロビがブームになっていますよね。)の摂取量も全国平均と比べて香川県は低いといわれているので、そんなところにも現状をうかがい知ることができますね。

うどんという食べ物は、とても食べやすく日本人に好まれているわけですが、よく噛まない、あるいは食べ過ぎると成人病になりかねませんのでご注意いただきたいと思います。

タグ:うどん 成人病
共通テーマ:健康 | 編集

慢性胃炎はピロリ菌なしでもなりますか?

慢性胃炎を発症する要因としては、ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないと言われています)だと言われているんですが、存在しなくてもなることはあるのでしょうか?

ハッキリ言いまして、ピロリ菌がいなくても慢性胃炎になることはあるんですね。そもそも、慢性胃炎の原因は、ピロリ菌だけではありませんからね。

例をあげると、仕事やプライベートなどで強い精神的なストレスを受けると仮定します。そうすると胃酸の量が増えてしまい、胃が炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などがあります)を起こし、胃炎の引き金だといえますね。

軽度であるならストレス(人間関係が主な原因になることが多いでしょう)が解消されると症状も改善していくはずです。しかし、重度になったらそのまま一向に治らず、慢性胃炎になってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、刺激物の過剰摂取もいけません。これもまた慢性胃炎を引き起こしてしまう可能性が高くなります。さらに言えば、刺激物とはアルコールやコーヒー、熱いものも同様です。

こんなものをしょっちゅう口にしていると胃への刺激が多くなり、慢性胃炎のリスクが高まってしまうわけですね。

それに加えて、なんらかの病気や感染症、そしてアレルギーなどがきっかけで発症する場合もあります。ということで、ピロリ菌がいなくても慢性胃炎になる可能性は十分に考えられるでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集

禁酒をすると甘党になるのはなぜですか?

時々、禁酒すると甘いものが食べたくなるというような話を聞きますがこれってほんとうなのでしょうか?現実的には、今までは甘いものには全く関心がなかった方が禁酒したら甘党になってしまったというケースも少なくないように思います。

アルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)をしょっちゅう摂取すると、血糖値(血糖ということもあるでしょう)を下げる働きをするインスリン(ペプチドホルモンの一種で、血糖値を一定の値に保つ働きがあります)の分泌量が低下してしまいます。

その為に、糖分(単糖、二糖、少糖など、色々な種類があります)の多く含まれた甘い物をほしがらないということなのです。

また、アルコールの過剰な摂取で味覚に異常が起こり、甘いものを食べても美味しいと感じられない方も多いでしょう。

お酒を止めることで味覚が正常に戻るわけです。そうすると、甘いもののおいしさが感じられるようになって、甘党になるというわけです。

それに、甘い物をたべると幸せを感じるセロトニン(神経伝達物質の一つです)が分泌されるため、禁酒によるストレスを無意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)に解消しようとしている可能性もあります。

アルコール依存症(男性よりも女性の方が少ない飲酒量でなってしまう恐れがあるでしょう)よりはマシとはいえ、甘い物に依存するのもよくありません。ですから、食べる量には気をつけましょう。

欲望のままに甘いものを食べていると、体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)が飛躍的増加してしまったり、糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)になってしまう恐れもあるのです。

タグ:禁酒 甘党
共通テーマ:健康 | 編集

ヘッドホン難聴の原因になるipodなどの音量は下げましょう

難聴(音や声が聞こえにくい症状のことです)の中には、ヘッドホン難聴と呼ばれるものがありますが、皆さんはご存じですか?

ヘッドホン難聴(徐々に進行していくため、難聴になっていることに気がつかないケースも少なくありません)とは、ヘッドホンをつけて大きな音を聴くことによって引き起こされる難聴ということになります。

その為に、ヘッドホンで音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果がありますね)を聴いている人は気をつける必要があるでしょう。

また、大きな音を聴くという行為の他にも、長時間大きな音で音楽を聞いたり、周波数が高い音を聴き続けるという行為もまた、ヘッドホン難聴になる可能性があると言えるでしょう。

それでは、どうすればヘッドホン難聴(うるさい野外でヘッドホンを使うと、どうしても音量が大きくなってしまうので危険でしょう)を防ぐ事ができるのでしょうか?

難聴の防ぎ方は以下の通りです。

(1)耳を休ませる
(2)音量に気をつける
(3)体調が悪い時は大きな音を避ける

まず、耳を酷使し続けると難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられます)になりやすいので、時には休ましょう。このことで、耳の負担が減りますので、防ぐことができます。

また、大きな音を聴き続けるのは耳に良くありません。したがって、ボリュームを下げるべきでしょう。最初は小さく感じるかもしれないですが、少しは耳を労ってあげることも大切ですからね。

さらに言えば、体調が悪い時に大きな音を聴くという行為は、やはり危険なのです。このようなケースでは、出来る限り大きな音を避けるようにしてくださいね。

共通テーマ:健康 | 編集

喘息ってうつりますか?

何だか喘息がうつると考えている人が少なからずいるらしいのです。そもそも喘息というのは、感染症ではありませんからね。常識的に考えれば、うつるワケがないと気がつくはずなのですが・・・。。

ということで、当たり前のことではありますが、喘息の人と接したからといって、その人が喘息になるなどということはあり得ないのであります。

ただそうは言いましても、気をつけたいのが感染症が原因となっている喘息の場合なのです。風邪(感冒ともいい、西洋医学では「風邪症候群」と呼ぶこともあります)やウイルスが原因で喘息になることがあるんですね。

ハッキリ言いまして、この場合の喘息は感染症ですからうつります。

風邪(西洋医学と東洋医学では治療法が異なります)などの感染症がうつってしまって、そこから喘息になるという可能性は考えられるんですね。

感染症によって咳をしている場合、病気(なって初めて健康のありがたみを知ることでしょう)を他人にうつしてしまう可能性もありますので、マスクをするべきです。

うつると思っている人が多いのはなぜかと言えば、喘息は遺伝からくるケースが多いからなのではないかと推察されます。

両親が喘息だったと仮定すると、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも少なくありません)が喘息になる可能性は高くなります。

したがって、一緒に生活をしていることから「子供にうつった?」と思い込んでしまう人がいるということです。

このようなケースでは、喘息はうつったのではありませんので、最初から子どもは喘息になりやすい体質(体型や性格など、それぞれの要素がお互いに影響しあって形成されるわけですね)で、何かをきっかけに発症したと考えるべきでしょう。

タグ:喘息 うつる
共通テーマ:健康 | 編集
-  |  次の5件 »
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます