So-net無料ブログ作成
検索選択
-  |  次の5件 »

ウォーキングで脚やせしたい人は1時間以上続けましょう

脚やせするためには、色々な方法がありますよね。その中の一つにウォーキングがあると言われているわけでありますが、これって効果の程は、本当のところ、どうなんでしょうか?

はっきり言わせていただきますと本当です。

ウォーキング(始めやすい有酸素運動として人気ですが、正しい姿勢・歩き方で行わないと、膝や腭などに負担がかかります)は脚やせに有効な手段だと思って下さい。

なぜウォーキング(クッション性の高い靴を履き、正しい歩き方で歩くことが大切です)が良いのかって言えね他の運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)よりも効率的に脂肪(悪者扱いされがちですが、体にとってはなくてはならないものです)を燃焼できるためです。

ところで、激しい運動をした方が脚やせに良いように思ってしまうかもしれませんね。しかし、ウォーキングのような有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)の方が有効でしょう。

ただし、ウォーキングで脚やせを希望する場合、一時間は続けるべきでしょう。なぜならば、脂肪が燃焼するまで時間が必要なためです。

脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)が燃焼しだすまで、20分ほど度はかかるかも知れません。

そのため、20分や三十分程でやめてしまっては全く意味がありません。1時間程度続ける必要があるということです。

そして、「手を大きく振る」「歩幅を大きく保つ」「踵から地面につき、地面をつま先で蹴り上げるようにして歩く」といったことを意識しながら、ウォーキング(水中を歩くとより体に負担がかからないで運動できます)をすると、より効果的です。

これが正しいウォーキング(イベントや同好会などに参加すれね、一緒に歩く仲間ができるかもしれません)の方法です。

共通テーマ:美容 | 編集

腎臓病の検査項目のクレアチニンとは何のことですか?

みなさんは「クレアチニン(老廃物の一種で、クレアチンリン酸が筋肉へエネルギーを供給する際に分解されて代謝産物として発生します)」という言葉ってご存知でしょうか?

クレアチニンとは、クレアチンと呼ばれる筋肉運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、それほど体に負担が掛からないはずです)のエネルギー源が代謝する事で作られる物質の事をいうのです。

そして、このクレアチニン(筋肉の量が多いと、その分正常値も高くなります)の数値によって、腎臓の機能が正常なのかの判断材料となります。

成人男性のクレアチニン(尿中の濃度の正常値は、男性が20~26mg/kg/日で、女性が14~22mg/kg/日です)の基準値は0.6~1.2mg/dl、成人女性のクレアチニンの基準値は0.4~0.9mg/dlだそうです。

要するにクレアチニンの正常値は筋肉の量によって異なるということです。

この数値を上回っていたり、下回っている時には、腎臓に疾患(後天的な要因が元になる場合もありますし、もしかしたら先天的に持病があったり、遺伝によって発症する可能性が高くなることも考えられます)を抱えていることもありますね。

しかしながら、この数値に異常があったからといっても、それで、すぐに病気なんだと決めつけるべきではありません。

なぜならば、その時の体の状態により、たまたま数値に異常が生じただけと言ったケースも少なくないからなんですね。

クレアチニン濃度を検査したいということであれば、病院で血液検査(血液を検査して健康状態を調べることをいいます)を行う必要があるでしょう。

>>健康と生活の医療Navi<<

体に何か異変を感じる場合は、念のためにお医者さんに相談しましょう。その結果として、血液検査(静脈採血と動脈採血があります)ということになるかもしれませんね。

ちなみに腎臓は塩分の過剰摂取で機能低下を起こすことが多いのです。

共通テーマ:健康 | 編集

赤面症の原因って何?

赤面症(周囲につらさが理解されにくかったりしますね)の原因ですが、残念なことに、今現在の医学でも完全には解明されておりません。

しかし、身体的な異変によって引き起こされる訳ではなく、緊張などに因る精神的なものが要因となって赤面症(気にし過ぎて、対人関係が上手くいかないことも少なくありません)を発症するのではないかだといえるはずです。

スピーチやプレゼンなど、人から注目を浴びる場に立つと、顔が熱くなるのが分かる方、だんだん汗をかいてしまう方、人前に出ると必ずと言っていいほど緊張すると言う方などは、赤面症(薬を服用することで、症状を軽減できることもあります)である可能性が極めて高いと言えますね。

また、赤面症(文字通り、緊張することで顔が赤くなる症状が現れます)の要因は精神的な面に存在していると考えられています。しかし、精神面のどの部分が原因となっているのかは人それぞれ異なるでしょう。

ストレス(過度に受け続けるてしまうと、心身の健康を損なってしまう恐れがあるのです)や緊張といった精神面での負荷が症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)に現れていると言う事は、人前に立ってスピーチをするなど、自分が苦手だと感じていることを克服するのが一番の改善方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り替えす方がいいこともあるでしょう)でもあるんです。

苦手意識を解消することができれば、精神安定剤などの薬に頼らなくても、赤面症(腹式呼吸をすることで症状を軽減できるそうです)を完治させる事も可能なのです。


共通テーマ:恋愛・結婚 | 編集

3つの種類があり症状が異なっているめまい

皆さんは、めまい経験ってありませんか?これの症状としては以下のように大きく3つに分けることができるのです。

【めまいの種類】
(1)ぐるぐるしためまい
(2)ふわふわしためまい
(3)くらくらしためまい

(1)のグルグル回っているような感覚の目眩を回転性めまいと言います。回転性のめまいの場合は耳鳴り(大きく分けると、自覚的耳鳴と他覚的耳鳴に分類することができるでしょう)がしたり、音が聞こえづらくなり、難聴(生まれつき聴力が弱い場合もあれね、何らかの原因によって、後天的に難聴になる場合もあるでしょう)になる可能性もあるので注意が必要となります。

また、吐き気や嘔吐といった症状を伴うことも少なからずあります。

(2)の体がふわふわして歩けないようなめまいは、浮動性めまいと呼ばれております。浮動性めまいは、同じ姿勢を維持する事ができません。さらには、頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)や手足のしびれ、運動麻痺といった症状が起こることが多いでしょう。

(3)のくらくらして倒れそうになるめまいの場合、立ちくらみ、失神といった症状まで怒る可能性があります。さらには、目の前がいきなり暗くなったりする事もあり得ます。

以上のようにめまいの症状というのは、その種類によっては違ったものになるのであります。

種類によって原因も異なってくるので、自分がどのめまいに当て嵌まるのかを見極めてから対処する必要がありますね。

共通テーマ:健康 | 編集

姿勢が原因で起こる可能性のある頚椎ヘルニア

首にこりや痛みを感じたり、指先が痺れたりと言った症状の方はいらっしゃいませんか?その症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)は、ひょっとすると頚椎椎間板ヘルニアを発症しているかもしれませんね。

頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四腭椎と第五腭椎の間の下位腭椎で最も多く発生します)とは、正しくは、「頚椎椎間板ヘルニア」とは要するに、頚椎の椎間板がヘルニアを起こしている状態のことを言います。

頚椎とは、簡単に言えば、背骨の中で頭蓋骨を支える計7個の首の部分にあたる骨のことです。そして頚椎は、人の体の中でも特に重要な神経がたくさん通っている大事な場所なんですね。

ちなみに椎間板は、椎骨と椎骨の間に挟まっている「クッション(スポンジやビーズなどの柔らかい素材が入っている洋風の座布団のようなものですね)」の役目を果たしている組織のことです。

そもそものお話ですが、ヘルニアとは「体の組織が本来あるべき部分から飛び出したり、はみ出したりしている状態」を指している言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)です。つまり、頚椎椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)とは、頭蓋骨を支える首の骨のクッションの役目を果たしている箇所で、体の組織が飛び出した状態になっていると言うことなんですね。

こういう状態になったら、今までクッション(素材によっては、長時間同じ姿勢をとった際の体への負担を軽減してくれることもあるでしょう)の役目を果たしていた椎間板が機能しなくなり、骨と骨が直接接触してしまうようになるわけです。

すると、骨の表面に走っている神経が刺激されてしんまうんですね。その結果、「ビリビリ」という激しい神経痛を起こすのです。この痛みは、ヘルニアが脊柱管を走る「脊髄中枢神経」、または、頚椎左と右に走る「頚椎神経」を圧迫してしまう事で起こる神経痛ということになります。

もし、頚椎ヘルニア(二十代から四十代くらいに発症しやすく、手術を受けたとしても5%から10%の割合で再発するといわれています) が軽度のものであれば、神経を圧迫しない為に神経痛を起こさないケースもあるということ。

ということで、本人の自覚症状が無い隠れ頚椎ヘルニア(X線検査やMRI、CT検査などの検査を行って診断します)の患者も多いと考えられている のであります。

共通テーマ:健康 | 編集
-  |  次の5件 »
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます