So-net無料ブログ作成
検索選択

子供が発症しやすい急性腎炎の症状と治療方法

腎機能が急激に低下する急性腎炎


腎臓病(代表的なものとしては腎炎や慢性腎不全、腎結石、腎癌、ネフロ-ゼ症候群などがあげられるでしょう)には様々な種類があります。

例えば、新しい国民病とも言われている慢性腎臓病などがあったりします。その一方で、急性の腎臓病である急性腎炎もあるんですね。急性腎炎は、それこそ文字通り、突然、腎臓の疾患を発症することになります。

この急性腎炎は、何らかの原因(どう努力してもわからないこともあり得るでしょう)で腎臓の糸球体に炎症が発生することによって、急激に腎臓の機能低下が起こる病気なんですね。


急性腎炎の発症で現れる症状


急性腎炎の発症によって、血尿、タンパク尿、尿量の低下、むくみ(多くの場合、顔や足に現れますが痛みはありません)、高血圧(一日の中でも変動しますし、精神状態の影響も受けることになります)、頭痛、全身倦怠感(体がだるくなって、やる気が起きなくなることを言います)なんかの症状は起こります。

急性ということもあって症状は激しいものとなるでしょう。特に分かりやすい症状としては、血尿があります。急性腎炎による血尿は、誰の目から見てもハッキリそれと分かるくらいの赤褐色の場合が少なくありません。

急性腎炎を発症する原因としましては、細菌感染症が多いのですが、その中でも特に多いのは、溶血性連鎖球菌の感染なのであります。

急性腎炎を発症する流れのパターンとしましては、ノドの痛みの症状を伴うような上気道への感染後に急性腎炎を患うケースが多くなっております。また急性腎炎は、大人の人よりも子供が発症しやすいという特徴があります。

急性腎炎の治療方法


溶血性連鎖球菌の感染によって発症する急性腎炎は、完治しやすい腎炎でもあります。急性腎炎の治療(医師とよく話し合うことは、後悔しないためには重要ですよね)としては、下記のようなことが挙げられるでしょう。

【出来る限り安静を保つ】
特に急性期において、腎機能の低下が起きている間は安静にする事が重要な意味をもつことになります。また、症状が重度ということになりますと、入院が必要でしょう。

【薬物療法を実施する】
症状に合わせて利尿剤や降圧剤、そして抗菌薬などの投与が行われることになります。

【食事療法を実施する】
塩分やたんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では欠かすことができないものです)、カリウム(体液を構成している主要成分の一つと言えるでしょう)、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまいます)の摂取制限を実施することになります。

本当は、日頃から腎臓に良い食べ物や飲み物を摂りたいものですね。

一般的には数ヶ月程度で治りますが、しばらくの期間は定期的に尿検査(正確に診断するためには、排尿途中の中間尿を採る必要があるでしょう)を受けなければなりません。



共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます