So-net無料ブログ作成

子宮内膜症の発症で現れてくる痛みなどの症状

女性特有の疾患(先天的な体質でどうあっても掛かりやすくなることもあるでしょう)といますと、一般的にもよく知られているのが子宮内膜症になるでしょう。

子宮内膜症の女性(消費の鍵を握っているともいわれたりします)は年を追うごとに増えているので、注意(散漫だとミスやケガが多くなるでしょう)しないといけないのです。

それでは、具体的にどんな症状(日常とは体の調子が違うなと感じたら、まずは病院で詳細な検査を受けてみた方が無難ですね)が起こるのかご存知でしょうか?

最初に月経痛(食生活を変えると改善できることも少なくありません)がだんだん酷くなる傾向にあります。

ただでさえ辛い月経痛(早めに鎮痛剤を服用するという方法もありますね)が更に痛みが強くなりますから、鎮痛剤(その名の通り、痛みの症状を鎮め、軽減できる薬です)を使う回数も増えます。

人それぞれではありますが、いつもの暮らしに支障をきたすほどの痛みの症状を伴うケースも少なくありませんね。

生理がきていないのにな,下腹部に強い痛みの症状を感じる、あるいは腰痛を伴うと言うのも子宮内膜症の症状(けっこう辛さを周りの人間に分かってもらうのは困難なケースもあるかもしれませんね)として代表的です。

また、下痢(人工甘味料などを摂り過ぎてもなることがあります)や排便痛、性交痛を引き起こすこともありますし、吐き気やめまいの原因になり得るのであります。

しかしながら、人によって症状が異なることから、自覚症状がない人も、けっこういらっしゃいますよね。

そんなことから、子宮内膜症を患っていることに気付かないで生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)をしている女性も意外と多いのです。

子宮内膜症を放置すると、さらに症状が悪化することになるので、経血が急に多くなる、あるいは月経痛(個人差が大きく、その月によっても程度が異なります)が通常よりも強くなった場合は、早期に病院に行き検査を受けるべきですね。


【医療の一言】
・二日酔いに効きます・・・アルコールを無毒化する作用があるナイアシンは、嫌な二日酔いに極めて効果的です。辛い宿酔の大元だといわれる酢酸アルデヒドという物質のクラッキングにも作用します。

・ビタミンB1不足が原因です・・・ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、手や脚がマヒしたり下肢の著しい浮腫みなどがよく見られ、進行してしまうと、最悪の事態では心不全などを誘引することがある怖い病気なのです

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます