So-net無料ブログ作成

働きたいけれども・・・!発達障害でもできる仕事ってあるの?

発達障害の人というのは、どうしても仕事をすることができないと思われてしまうことが多いかもしれませんね。しかしながら、発達障害だからと言って、できる仕事が皆無というわけではありません。

なぜならば、発達障害の人というのは、できることとできないことがあからさまにハッキリとしているんですね。ということは、間違いなくできることがあるわけです。

そのできる部分を活かした仕事を見つければよいのであります。

例えば、コミュニケーション能力(手紙や電話など、対面ではないケースでも必要でしょう)や協調性が重視される接客業や営業職、そしてミスを犯すと大変なことになりかねない看護師や介護職、一度に大勢の子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦が少なくありませんね)を相手にする教師などといった仕事は発達障害の人には無理があるでしょう。

その反対に、マイペースで仕事をすることができるイラストレーター・デザイナー・アーティスト・マンガ家などは向いていると言えます。

また、高い専門性を持つ調理師・整備士・プログラマー・エンジニア・技術者・研究者・行政書士(青木雄二さん監修の「カバチタレ!」という人気漫画を読むと、大体の業務内容がわかるかもしれません)・税理士(企業や個人などの依頼を受けて、税金に関する相談にのったり助言をしたり、書類の作成、会計帳簿の代行や申請などを行う税務の専門家です)などの仕事は発達障害の人に向いている可能性があります。

さらに言えば、一人で黙々と仕事が出来る工場での仕事も向いていると言えるでしょう。以上のように発達障害の方でも出来る仕事はあるんですね。

基本としては、社交能力を必要としない仕事、あるいはひとりで出来るような仕事が発達障害の人にオススメと言えますね。

【医療注意報】
・いんきんたむし・・・いんきんたむしというのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)と言い、白癬菌が股部や陰嚢、臀部などの場所に何らかの理由で感染し、寄生する感染症で簡単に言うと水虫です。

・結核・・・昨今、比較的若い世代で感染症である結核に対抗する抵抗力、即ち免疫力の無い人たちが増えていることや、自己判断のせいで受診が遅れることによる集団感染及び院内感染の発生頻度が高くなっているようです。

・吐血と喀血・・・吐血と喀血、2つとも口腔から血を吐くことですが、喀血の方は咽頭から肺をつないでいる気道(呼吸器の一種)から出血することであり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある食道などの消化管から血が出る状態を表しています。

※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます