So-net無料ブログ作成

発達障害だと仕事はできないのですか?

発達障害と呼ばれる先天性の障害がありますが、このようなケースでは仕事を行う事ができないのでしょうか?

たしかに発達障害だと就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)するのが難しいと言えますが、かと言って働けない訳ではありません。

発達障害を抱えていながらも、働いている人は多くいます。但し、発達障害の場合には自分に適した仕事を探すべきですね。

具体的に言えば、人と関わる仕事がしたいと思ってもそれは無理なお話であって、無理をしてはいけません。

相手の気持ち(自分のだけを優先していると、自己中だ思われてしまいます)や考えを理解しないとダメだ仕事は発達障害の人にとって困難極まりと言えます。

そのため、接客業や営業職(商品やサービスを売ることを職業としている人のことです)といった対人業務は避けた方が無難でしょう。

発達障害に向いている仕事とは、人とのコミュニケーションが少ないシステムエンジニアであるとか、あるいはルーチンワークが基本の事務職、そして土木関係と言った具合に自分のペースで仕事が出来る自営業や学者、研究職などを例としてあげることができます。

発達障害の人の中には、こういった分野で成功している方って、意外とが多いのです。

タグ:仕事 発達障害
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます