So-net無料ブログ作成

発達障害とはどのような症状が現れる病気ですか?

発達障害よく耳にする病名だとは思いますが、これは脳機能の発達に障害があることなのです。

ただ発達障害と一言で表現しても、実は色んな種類があるわけでありまして、大きく以下のように分けられるでしょう。

(1)広汎性発達障害
(2)注意(頻繁に受けていると、信用を失いかねません)欠陥多動性障害
(3)学習障害
(4)トゥレット症候群

広汎性発達障害とは自閉症(言語検査、行動検査、発達検査、絵画検査などの検査結果から診断されることになります)やアスペルガー症候群(映画監督のスティーブン・スピルバーグさんやポケモンの生みの親である田尻智さんなどがアスペルガー症候群だとカミングアウトしています)、レット症候群、小児期崩壊性障害などといったコミュニケーション能力に関わる発達障害の総称ということになります。

広汎性発達障害のひとは、コミュニケーション能力が低いことから、うまく人付き合いが出来ないとか、パターン化した行動を好むという特徴があるのです。

注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招くこともあります)欠陥多動性障害とは、集中できないとか、あるいはじっとしているのができないという発達障害のことです。

小中学生時代には目立ったのに、やがて目立たなくなる事が多いこともあります。

学習障害は、知的発達に遅れはないにもかかわらず、聞く、話す、書くという能力に問題のある発達障害のことです。

トゥレット症候群は、本人の意思とは裏腹に、声を出す、体を動かすという発達障害です。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます