So-net無料ブログ作成
検索選択

お風呂で改善できる関節痛の症状

お風呂で関節痛(文字通り、関節に痛みを感じることです)を改善できるといわれていますが、これって本当のことなのでしょうか?

疾患そのもを改善できるかどうかは別ですが、症状は和らぎますね。そもそものお話ですが、関節を温めて痛みを軽減する治療を温熱療法というものがあるくらいですからね。

どうして温熱療法がいいのかといえば、体を温める事により痛みを感じづらくなるからなのです。ということで、入浴後はいつもよりも関節の痛みが軽減されることになるわけです。

さらに言えば、血行が改善されることで、痛みを与える物質が流し出されるという現象も痛みが軽減される要素のひとつだと言えるでしょう。

しかしながら、お風呂に入ることで痛みは弱くなるものの、長期間入り続けたからと言っても関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査することで適切な治療を受けられます。そうすれば、痛みの軽減や完治の可能性がでてまいります)自体が改善するとことは考えにくいでしょう。

基本的には、痛みを和らげる手段の一つだと考えた方が良いと思います。

お風呂に入るポイントは、体の芯まで温める時にお勧めなのが半身浴(アロマオイルや入浴剤を利用するとより効果的です)です。

半身浴(心臓にかける負担を軽くすることができます)であれば、長時間の入浴が出来るから体の芯まで温める事が可能ですね。

熱いお湯での短時間入浴よりも、ぬるめのお湯での長時間入浴の方が体は温まりやすいと言えます。

タグ:風呂 関節痛
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます