So-net無料ブログ作成

ご自身で自律神経失調症対策しましょう

自分でできる自律神経失調症(全身に不調が現れることが多く、病院で検査しても原因を見つけることができなかったりします)があります。その対策とは、下記の通りです。

【自律神経失調症対策】
(1)プラセンタの活用
(2)体操やストレッチ(体が硬い人でも続ければ、徐々に柔らかくなります)で体をほぐす
(3)規則正しい生活
(4)ストレス(元々は物理学用語です。カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになりました)を解消する

プラセンタを活用する事で、自律神経(交感神経系と副交感神経系で構成されています)を整えることができるのです。

プラセンタ(様々な商品が開発されています)が配合されたのサプリメントやドリンクを飲んでみるのも良いdしょう。

自律神経失調症(心身に様々な症状が現れます。ただし、その症状には個人差があります)の場合、体が凝り固まっていることが多く、そんな身体をほぐすために体操やストレッチ(骨格筋を伸ばして、柔軟性を高めたり、関節の可動域を広げることです)をする事で効果を得られます。

体操やストレッチの結果、血行が良くなり、体調も改善することができるはずです。

規則正しくない生活は自律神経失調症(本態性型自律神経失調症、心身症型自律神経失調症、神経症型自律神経失調症、抑うつ型自律神経失調症の四つに大別されています)を引き起こす原因になります。

したがって、生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが必要でしょう)を見直すというのも重要なポイントです。

睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれるでしょう)をたっぷりと確保したり、栄養バランスの取れた食事をすることも効果があります。

上記のようなことだけでも、自律神経失調症の症状(時には説明が難しいこともあります。しかし、できるだけ伝えるようにがんばってみることが大切なのです)は改善します。

また、過剰なストレスも自律神経失調症を引き起こしたり、悪化させる原因なのでストレス(人間関係が主な原因になることが少なくありません)対策をするということも大切なポイントになります。

一日一時間でも良いので、何かしらの好きなことをする時間を確保してみてはいかがでしょうか?

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます