So-net無料ブログ作成
検索選択

痔の手術における名医たち

痔の手術というのは、執刀医が持っている技術で結果は大きく左右されてしまいます。経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともありますよね)の浅い執刀医による手術を受けた場合、痛みや出血が酷かったなどというお話はありがちなことなのです。

ということで、時の手術をうけるのであれば、できることなら痔の手術における名医と呼ばれる医師に執刀してもらいたいと思うのは人情というものです。

痔の手術の名医としては、社会保険中央総合病院の佐原力三郎医師(かかりつけを作っておくと、いざという時にも安心です)や道仁病院の宮崎道彦医師、松島病院大腸肛門病センターの松島誠医師などが有名な先生方になります。

当然のことながら、あまりにも有名な名医は常に予約がいっぱいな状況です。したがって診てもらうのに時間がかかることもあります。ということは、通える範囲内であることも条件になりますね。

通院が無理のない範囲内にあって、できる限りすぐに診察してもらえる、そして、手術が可能な痔の手術の名医を探すようにすべきです。

痔の手術の名医と呼ばれている医師(名医と呼ばれる人からヤブと呼ばれる人まで、まさにピンキリといえます)の特徴としては、以下の通りです。

(1)症状や手術についての説明が丁寧
(2)肛門科専門医(産婦人科や小児科の医師は不足傾向にあるそうです)である事
(3)手術実績が豊富

まず、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることが多く見受けられます)や手術に関する説明が丁寧で分かりやすい医師は良いドクターと言ってよいでしょう。

逆に、説明不足のドクターはいけません。患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意したいものです)のことをあまり考えていないように思えますのでご注意くださいね。

また、肛門治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいのは当然のことです)を専門としている肛門科専門医は安心して任せられる医師である確率が高いでしょう。

さらに言えば、手術の実績が多い経験豊富なドクターというのも名医の条件に付け加えるべきですね。

手術の実績が多いということは、技術力の高さにの証明になります。ということで、できる限り豊富な経験を持つ医師に執刀してもらうと安心できますよね。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます