So-net無料ブログ作成

発達障害って遺伝するの?

発達障害(後天的な要因はありません)って遺伝するのでしょうか?このことって、気になる方が少なくないかもしれませんね。

実際に、家族に発達障害(親の育て方が悪いわけではありません)の人がいるようなら、同じような症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しい場合もあります)を持つ方がいる傾向があるんですね。

例えば、パパやママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではあります。しかし、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ばせるご家庭もあるそうです)が発達障害だった場合、その子供も発達障害と言ったケースは珍しいものではありません。

ということからも、発達障害(生まれつき脳機能の一部に障害があることを言います)は遺伝するものだとかんがえていいでしょう。

だからと言って、100%の確率(運がよければ、運が悪ければなんてよくいいますね)で遺伝するという訳でもありません。

現実に、両親が発達障害(世の中には偏見を持っている人がたくさんいますよね)であったとしても、そのこどもは発達障害ではないケースもありますからね。

発達障害の可能性は高まるはずですが、遺伝しない可能性だってちゃんとあるのです。さらに言えば、発達障害は環境的要因も大きく影響すると考えられています。

両親が発達障害(大人になってから発覚するケースが少なくなりません)だと、その言動を子どもが真似ることから、本来は発達障害ではないのに、それっぽい考え方んあってしまうということです。

ハッキリと言わせていただくとすれば、、両親が子供の前で意識して、普通に振る舞うことができるとすれば、子供はならない可能性があると思っていいかもしれませんね。

非常に難しいということなんですが、できる限り子供の前では発達障害(昔よりは認知度が上がっているように思います)の特徴を見せないように振る舞うという事も大切だということになるでしょう。

タグ:発達障害 遺伝
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます