So-net無料ブログ作成
検索選択

ピロリ菌が陰性反応であれば胃癌の危険はかなり低くなります

癌とは悪性腫瘍のことですが、癌細胞が見つかって初めて癌と診断されます。そしてその悪性腫瘍が胃にできることを胃がんというわけですね。

ところで、ピロリ菌と胃癌はは密接な関係にあり、ピロリ菌(経口感染すると考えられています、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないと言われています)が作り出すたんぱく質がヒトの細胞内のタンパク質に偽装することで、胃癌を発症させるのがメカニズムではないかという考え方が注目を集めています。

実は、胃がん患者の99%の方がピロリ菌に感染していたといった数字もあります。ということは、胃がんはピロリ菌に感染していなければ発症率は、非常に低くなるといういうことでもあるわけですね。

しかし、日本人全体のピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称です。しかし一般的には、ピロリ菌の方がよく使われています)の感染者の割合はかなり高い数字になっていのです。

ピロリ菌(ヒトやイヌ、ネコなどの胃に生息する細菌ですが、胃潭瘍や悪性腫瘍の原因になることがあります)に感染していても、胃がんになる確率は少ないので、ピロリ菌(細菌の一種で、1983年にオーストラリアのロビン・ウォレン氏が発見しました)に感染しているからと言っても、必ず胃がんになる訳ではありません。

喫煙や塩分の高い食事などは、発生リスク(いかに損失を減らすか、迅速に適切な対処をするかが問題です)を高めます。

特に喫煙はいけません。喫煙という行為は、何と言ってもがんを誘発するため、がん予防にとっては大敵なのです。

塩分の高い食事も、ピロリ菌が喜ぶ環境を作り出すことになります。ということで、癌を予防する意味では減塩は大切なことです。

また、胃癌の初期症状を見逃さないことも必要なことですね。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます