So-net無料ブログ作成

子宮内膜症の原因って何?どんな症状なの?

子宮内膜症ってご存じですか?この病気は、その名前からもわかる通り、女性特有の病気(早期発見、早期治療が大切です)の一種です。

女性(消費の鍵を握っていると言われることもあります)なら誰にでもなる可能性がある病気(なって初めて健康のありがたみが分かるものかもしれませんね)ですから、どういった症状なのか理解しておいた方が得策だと思います。

子宮内膜症という病気は、実は生理と大きく関係しています。生理になると血液が子宮口から排出されなすが、その際、一部の血液が逆流して腹腔内に流れ込んむことがあるのです。

その逆流した血液の中には、子宮内膜細胞が存在しています。子宮内膜細胞が子宮以外の部位で定着してしまうと子宮内膜に似たものが生成されることになります。

ところがそこで生成された組織には、血液を排出するための出口がありません。そのために、細胞から血液が出ても排出する手段がないことから溜まっていくことになります。

このような症状を子宮内膜症と呼ぶんでいるのであります。血液が溜まることで、減ることがありませんので、大きくなる一方の状態が続いてやがては痛みが少しずつ出てくることになるわけなんですね。

しかし、それも限界があるわけで、ある程度まで大きくなってしまうと生理痛が酷くなったり、骨盤(色々な人が矯正の方法を指導しています)に激しい痛みを感じる、あるいは排便痛や性交痛を感じるようになったりするわけです。

最悪は、卵巣がんに発展する可能性もある病気と言われていますので、注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招く可能性もあります)する必要があるでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます