So-net無料ブログ作成

痔の種類は症状で確認しましょう

痔にも種類(時には新しく発見されることもあるようです)があって、大きく次のように分ける事が出来ます。それは「いぼ痔(痔核)」「切れ痔(裂肛)」「あな痔(痔瘻)」などです。

いぼ痔とは、肛門の中に痔核(いぼ)ができた症状の痔です。いぼ痔は多くの場合、排便時の出血や肛門からの突起物によって、初めて自分がいぼ痔だと気付きます。

切れ痔とは、肛門の皮膚(実は常在菌がいるそうですが、そう考えるとちょっと怖いものがあります)が切れてしまった症状のことです。

この痔は、排便をする際に出血や強い痛みを感じるなどの特徴がありますが、そのまま放置すると潰瘍やポリープができる可能性もあります。これは注意しないと後々危険です。

あな痔(痛みはもちろんのこと、排膿による悪臭も酷かったりしまう)とは肛門にトンネルみたいな道ができる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院に行きましょう)のことです。

歯状線のくぼみが炎症を起こして発症します。放置すると悪化して、手術が必要となる場合もあります。

このように痔には種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切ですよね)がある為、ご自身の痔がどれなのか考えてみましょう。

痔の種類によって、当然治療方法も変わってきますからね。

タグ: 痔の種類
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます