So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘッドホン難聴の原因になるipodなどの音量は下げましょう

難聴(音や声が聞こえにくい症状のことです)の中には、ヘッドホン難聴と呼ばれるものがありますが、皆さんはご存じですか?

ヘッドホン難聴(徐々に進行していくため、難聴になっていることに気がつかないケースも少なくありません)とは、ヘッドホンをつけて大きな音を聴くことによって引き起こされる難聴ということになります。

その為に、ヘッドホンで音楽(気分を高揚させたり、リラックスさせたりする効果がありますね)を聴いている人は気をつける必要があるでしょう。

また、大きな音を聴くという行為の他にも、長時間大きな音で音楽を聞いたり、周波数が高い音を聴き続けるという行為もまた、ヘッドホン難聴になる可能性があると言えるでしょう。

それでは、どうすればヘッドホン難聴(うるさい野外でヘッドホンを使うと、どうしても音量が大きくなってしまうので危険でしょう)を防ぐ事ができるのでしょうか?

難聴の防ぎ方は以下の通りです。

(1)耳を休ませる
(2)音量に気をつける
(3)体調が悪い時は大きな音を避ける

まず、耳を酷使し続けると難聴(伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴などに分けられます)になりやすいので、時には休ましょう。このことで、耳の負担が減りますので、防ぐことができます。

また、大きな音を聴き続けるのは耳に良くありません。したがって、ボリュームを下げるべきでしょう。最初は小さく感じるかもしれないですが、少しは耳を労ってあげることも大切ですからね。

さらに言えば、体調が悪い時に大きな音を聴くという行為は、やはり危険なのです。このようなケースでは、出来る限り大きな音を避けるようにしてくださいね。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます