So-net無料ブログ作成

慢性胃炎はピロリ菌なしでもなりますか?

慢性胃炎を発症する要因としては、ピロリ菌(経口感染すると考えられており、日本では若い人ほど保菌者の割合が少ないと言われています)だと言われているんですが、存在しなくてもなることはあるのでしょうか?

ハッキリ言いまして、ピロリ菌がいなくても慢性胃炎になることはあるんですね。そもそも、慢性胃炎の原因は、ピロリ菌だけではありませんからね。

例をあげると、仕事やプライベートなどで強い精神的なストレスを受けると仮定します。そうすると胃酸の量が増えてしまい、胃が炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などがあります)を起こし、胃炎の引き金だといえますね。

軽度であるならストレス(人間関係が主な原因になることが多いでしょう)が解消されると症状も改善していくはずです。しかし、重度になったらそのまま一向に治らず、慢性胃炎になってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、刺激物の過剰摂取もいけません。これもまた慢性胃炎を引き起こしてしまう可能性が高くなります。さらに言えば、刺激物とはアルコールやコーヒー、熱いものも同様です。

こんなものをしょっちゅう口にしていると胃への刺激が多くなり、慢性胃炎のリスクが高まってしまうわけですね。

それに加えて、なんらかの病気や感染症、そしてアレルギーなどがきっかけで発症する場合もあります。ということで、ピロリ菌がいなくても慢性胃炎になる可能性は十分に考えられるでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます