So-net無料ブログ作成

ストレスが原因で飛蚊症になることもあります

飛蚊症(ひぶんしょう)ってご存じですか?飛蚊症とは目の前を浮遊物のような黒い影が見えてしまう症状のこですが、このの要因としては、3つに大別できます。

【飛蚊症の3大要因】
(1)生理的な飛蚊症
(2)加齢による老化
(3)何らかの病気

(1)生理的な飛蚊症・・・生理的飛蚊症(生来のもので病気ではないことから、特に治療を行わないと言われています)という物は、生まれつきという意味です。

硝子体の中には、本来だったら当然消えるはずの組織が残っている場合があって、そんな時、飛蚊症の症状を自覚する場合もあるでしょう。

以上のように、生まれつき(生まれた時からという意味)飛蚊症を抱えているという方は多く、飛蚊症患者の大半は生理的飛蚊症なのであります。

(2)加齢による老化・・・人間の目というのは、老化によって飛蚊症の症状が現われる場合もあるんですね。

年齢を重ねると硝子体(角膜や水晶体の後ろにあって、網膜に包まれています)と網膜が離れてしまい、接着部分に異常をきたして、飛蚊症(目の病気としてはよく起こりがちなのですが、手術以外の治療法は特にないのが実情です)を発症させる事も少なくありません。

最初は気になる大きさですが、多くの場合、だんだん小さくなって気付かなくなるものです。

(3)何らかの病気・・・病気により、飛蚊症(理屈の上では、硝子体を切除する外科手術を行うと消えるのですが、満足度は低いようです)の症状を感じることもあります。

飛蚊症(生理的飛蚊症や後部硝子体剥離であれば、放置しても問題はありません。しかし、時には病気が原因のこともあるんですね)の症状が軽いとそのまま放置しがちですが病気の可能性もあるので、注意が必要です。

例えば、網膜剥離や眼底出血等の病気が要因で飛蚊症(治療法としては硝子体の手術がありますが、賛否が分かれています)の症状が現われることもあります。さすがにこのような病気を放置するわけにはまいりません。

したがって、万が一のことを考えて、専門医に相談すべきでしょう。


共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます