So-net無料ブログ作成
検索選択

肺がんの一番の原因は喫煙です

健康診断などで、レントゲンの検査があると思うのですが、そこで影が写っていたりすると肺がんの可能性が出てきてしまうわけです。

ところでその肺がんの原因ってなんなのでしょうか?それはは以下の通りです。

(1)喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えてきました)
(2)女性ホルモン(エストロゲン・卵胞ホルモンとゲスターゲン・黄体ホルモンの二種類あります)
(3)大気汚染

みなさんもご存知のとおり、喫煙(日本では、ポルトガルの宣教師が室町時代末期頃にもちこんだのが始まりらしい)は肺がんを引き起こす最大の原因と言っても良いのではないでしょうか?

喫煙者の人の場合、肺がんになる確率(可能性が低いのに起こると、奇跡、ミラクルなんていったりします)が非喫煙者の4倍~5倍という数字になってしまうんですよね。

特に1日の本数×喫煙(最近では、どんどん価格が上がっているため、止める人も増えています)年数が600以上になるという方は肺がんになる可能性はかなり高くなります。

体のことを考えるのであれば、できるだけ早いうちから禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしていれば健康保険が適用されます)されるべきです。

また、女性ホルモン(女性らしさを保つためには必要不可欠のものです)も肺がんと関連すると考えられているんですね。

女性ホルモン(現代の女性は昔の女性に比べると、分泌量が減っているらしい)の一種「エストロゲン」の分泌が過剰に増えると肺がんになる可能性が出てくるそうです。

さらには、大気汚染も肺がんの要因として非常に大きなウェートを占めます。

化学物質、ほこり、黄砂、雑菌(人間にとって邪魔になる微生物や細菌類のことです)といった有害物質を吸い込むことで、肺がんの可能性を生み出してしまうのです。

以上のような事が原因で、肺がんを発症させてしまう可能性を高めてしまうことを理解しておきましょう。

この3つの原因(改善できるものと改善できないものがありますよね)の中で、喫煙は今すぐに対策を取る事が出来きます。したがいまして、禁煙外来などを利用してやめる努力をしましょう。

タグ:喫煙 肺がん
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます