So-net無料ブログ作成

五十肩の原因って筋肉の老化によるもの?

五十肩と言いますと、名前くらいは聞いたことがあると思いますが、この肩の疾患は、腕が上げられないような激しい痛みという症状が現れる病気なんですね。

ところが、五十肩と言うものは、はっきり原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理でしょう)が判らない病気の事なんですね。

肩や首に痛みが起きるということは、常識的に考えたら何らかの原因があるはずです。ところが、五十肩は、もともと、「原因不明の痛み」だといわれているのですから厄介なのであります。

ということで、医学的に原因がないのに、肩関節に激痛が走る症状を総称して五十肩(年令によっては四十肩と言われることもあります)と呼んでいるわけです。

ただ、発症年齢が40代から五十代に多く見られるという実態がありますので、加齢が原因(どうがんばっても、わからないことも少なくありませんね)があるのではないかと考えられているよんですね。

また、重い荷物を持つ仕事、あるいは肩を上げた状態の作業が多い仕事に従事している方などに起こり易い疾患だと言えるでしょう。

しかしながら、身体的に何の異変も起きていないのかと言えば、決してそうではありません。肩関節の周りに炎症が起きることで、その炎症が原因となって痛みが現れたり腕が動かせなくなっているのです。

その原因(これを明らかにしないと同じ轍を踏む可能性があります)としては、人によって異なりますが、肩関節の過労働であったり、あるいは加齢による関節の異変が原因と考えられております。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます