So-net無料ブログ作成
検索選択

うつ病治療における漢方薬の効果とは?

うつ病(季節性うつ病や産後うつ病、引っ越しうつ病など、発症の原因によっては別名もあります)で抗うつ薬を服用するのは、副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の努力の見せ所でもあります)や依存性が怖いという方もおおいことと思います。

でも、鬱病は放置していて自然に改善する病気(なって初めて健康のありがたみを知ることも多いでしょう)ではありません。したがって、何らかの治療を行う必要がありますね。

どうしても抗うつ薬が嫌なら、漢方薬(西洋薬と併用する場合には、漢方医や薬剤師に相談しましょう)でうつ病を改善を試みるという方法もあります。

うつ病の治療に漢方薬が有効だというのお話は、ナインティナインの岡村隆史さんがツムラの酸棗仁湯(サンソンニントウ)を服用していたことで一般的にもよく知られるようになりました。

東洋医学における漢方薬には西洋薬ほどの副作用(効果が強ければ強いほど、ある程度の覚悟が必要です)はありませんし、途中で止めても大きな問題なることはありません。

もともと漢方薬による治療は、対症療法ではなく、体質の改善と心身のバランスを正常に整えて自己治癒力を向上させる方法になります。その結果として、鬱病(家族や周囲の人の理解が得られずに、孤独に苦しむことも多々あります)の完治を可能とするわけであります。

西洋薬と漢方薬(服用の仕方によっては、体に害を及ぼすこともあります)を併用して使うことも可能です。しかし、その際は、医師は必須です。また、漢方薬を服用するからと言っても勝手に抗うつ薬を中止してはいけません。

うつ病(なかなか自分では自覚できないため、治療が遅れることも多いでしょう)を漢方薬で改善するには、その人に合わせた漢方薬を医師や薬剤師にに処方してもらうことが重要なポイントになります。

また、うつ病(気分障害の一種です)の治療に漢方薬を取り入れいる病院に行くことで、健康保険が適用となりますので、経済的な負担も軽減されることになります。


共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます