So-net無料ブログ作成

シミを防ぐために紫外線対策しましょう

女性にとっての天敵みたいな存在、それは何と言ってもシミと紫外線ということになるでしょう。この2つは女性にとって、お肌の悩みの原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながることが期待できます)となってしまいがちな要素と言われているものです。

今回はシミと紫外線(目に対してもUV対策をしないと、日焼けしてしまいますね)がどのよな関係なのか、ここで少し説明しておきますね。

スキンケアなどに詳しい方でなくても、今の時代は、シミにとって紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいるたま、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)は一番の大敵だとご存知だと思います。

紫外線というものは浴びれば浴びるほど、メラニン色素(エウメラニンとフェオメラニンの二種類が存在します)が生成され、シミができやすくなってしまうのです。

ところでターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことです)という言葉ってご存知でしょうか?一定期間が過ぎることで、お肌の表皮細はが剥がれ落ちて、その後に、新しい表皮細胞が表面に現われてくることを言います。

若い頃ですと、新陳代謝も活発ですから、ターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行して、それが、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのこと)とともに紫外線を浴びてメラニン色素を含む表皮がきれいに剥がれてくれるのです。

ところが、年齢を重ねていくと、このターンオーバーのサイクルに遅れが発生してしまうんですね。ターンオーバーのサイクルが遅れると、余ったメラニン色素が含まれているであろう表皮細胞が、上手く剥がれてくれなくなるということです。

その余分なメラニン色素(シミやほくろなどをイメージすると思いますが、髪の毛を黒くしたり、紫外線による細胞のダメージを防いでくれます)がドンドンお肌にたまっていき、沈着していく一方でシミを増やしてしまうわけです。

決して紫外線だけがシミを作ってしまう原因ではありません。例えば、、年齢を重ねるとホルモンのバランスも崩しやすくなったりするはずです。そうすると、紫外線を浴びることとホルモンバランスを崩すことが重なってしまう、余計にシミが生成されやすくなってしまのです。

したがって、若い頃と同じような紫外線対策では問題がありすぎるということになりますね。

また、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいものです)もシミを悪化させる要因なんですね。

人間は、年齢を重ねれば重ねるほど、ストレスも感じやすくなります。そのため、シミが出来る可能性も高くなるのであります。

共通テーマ:美容 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます