So-net無料ブログ作成
検索選択

不妊症の20代の割合ってどのくらいなんでしょうね?

不妊症(適切な治療を受けることで、妊娠できるケースもけっこうあるものです)の割合というのは、どのくらいなんでしょうか?

一般的に、不妊症(冷え性などの体質を改善することも大切です)の割合は、10組に1組と言われております。

いかがですか?この割合を少ないと考えますか?

例えて言えば、自分と友達夫婦を含めた10組のうち1組が不妊だと考えてみましょう。そうすると、多いような気になってきますよね。

ということは、ご自身が不妊に悩まされる可能性も、けっして少ないものではないと言う事です。

もし仮に、不妊症かもしれないと考えた場合は、一度病院で検査を受けるべきです。その際には、女性だけではなく、男性も一緒に検査を受けるようにしましょう。

不妊症(避妊をしなくても一定期間以上妊娠できない、あるいは、妊娠状態を維持できないことです)っていうと女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもです)のイメージが強いかもしれませんが、男性に原因(どう頑張ってもわからないこともありがちです)があることも少なくないのです。

検査を受けて不妊症だった場合はショックをうけるかもしれません。しかし、治療(医学の発達と共に進化していくんですね)を受ける事によって解消するだってありますからね。

今後のためにも、早めに不妊症(晩婚化に原因ということも考えられます)とはどういったものなのか、なぜ起こるのかなどを知っておいた方が対策を立てやすいのです。

それが不妊症を克服する始めの第一歩なんですね。

タグ:不妊症
共通テーマ:妊娠・出産 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます