So-net無料ブログ作成
検索選択

健康診断の数値がヤバイことに・・・!?腎臓病の種類と症状

腎臓病(色々と種類があるのですが、腎炎が最も多いといわれています)は腎臓に影響を与えるのみならず、他の臓器に影響を及ぼす危険性もはらんでいるのです。

そんな腎臓病ですが、それを引き起こす大きな原因としては、何と言っても生活習慣病があげられています。

ということで、この生活習慣病を予防することが、何よりも腎臓病の予防につながっていくことになるはずです。

まず一番重要な事は、腎臓の機能を正常に保つ意味でも、体内の水分の含有量を正常な状態で保つ必要があります。

水筒やペットボトル(リサイクルすることを見越して無色透明なのが一般的です)などを携帯して、外出先でもこまめに水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうものです)補給にして下さいね。

また、体の中の水分バランスを維持するためには、水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるはずです)を補給することに限った話ではなく、他にもいろいろな工夫が必要になってまいります。

例えば、水分を補給すれば尿意を感じるのは当たり前のことです。ところが、女性に多く見られる事例として尿意を我慢してしまうことをあげることができます。

尿意を我慢すると細菌が膀胱内で繁殖してしまいます。その結果、腎臓に負担を掛けてることになるので、我慢せずに老廃物と毒素を速やかに体外へ排出すべきなのです。

また、腎臓は血行不良(冷え性や免疫力の低下にもなりかねません)だと活動が鈍ってしまうはずです。

血液循環をスムーズに行うためには、適度な運動量を日々の生活に取り入れる必要があります。

運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)は生活習慣病を引き起こす原因とも言われていますからね。

ただし、いきなりジョギングを開始してたり、スポーツジムに通ってくださいと言う趣旨ではありません。

ウォーキング(最も手軽で健康への効果が高い有酸素運動と言えます)や水泳など、あまり体に負担のかからないような運動がオススメになります。

また、生活習慣病の予防のためには食生活の見直しも大切なことです。利尿作用(尿の量を増やす、あるいは尿の排出を促す作用のこと)があり、腎臓にいいと言われている成分がカリウムです。カリウムが多く入っている食材で代表的なのは、何と言っても白菜です。

白菜は、ぜひ積極的に食べるようにしてくださいね。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます