So-net無料ブログ作成

顎関節症を改善できる割り箸の驚きの効果とは?

割り箸(木の他に竹が使われていたりしますよね)を使用することで、顎関節症を改善できる可能があるとと言われていますが、本当のことなのでしょうか?

ハッキリ言わせていただきますと本当なのです。

それにしても何だか、嘘っぽい話に聞こえますよね。割り箸(形状によって元禄や利休といった名前がつくこともあります)を使うことで症状を大幅に改善出来ますよなんてお話は・・・。それでは、具体的にどのように使うのでしょうか?

まず、二本の箸を左右の奥歯まで入れましょう。そして、口を思いきり開けてくださいね。そして、割り箸(爪楊枝が一緒に入っているタイプもあります)を噛んで、口を開けてを数分間繰り返にして下さい。

そうして箸を抜いて口を開けるとどうでしょう?不思議なことに、このトレーニングをする前よりも口が開きやすくなっているはずです。

毎日このトレーニングを行うことで、どんどん症状は改善していくというお話です。ということで、顎関節症に悩んでいる方は試してみませんか?

ポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えたりします)は毎日、根気強く継続することですね。

但し、痛みを強く感じる場合はやめておきましましょう。少しずつ行うことで慣れてくるはずです。そうすれば、痛みも弱くなって続けられるようになります。

それに何より、用意するものと言えば、割り箸のみです。また、やり方も簡単なことから、どなたでも始める事ができるはずです。

これでも治らない場合は病院で治療(医師とよく話し合うこと、それが後悔しないためには大切です)を受けましょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます