So-net無料ブログ作成

更年期障害の年齢っていつまででしょうか?

更年期障害が起きる年齢は一般的に50歳前後と言われておりますが、この50歳前後と言うものは閉経(骨粗しょう症になりやすいという話もあります)の時期なんですね。

閉経(不快な症状に悩まされる人も少なくありません)の時期になるとホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことです)が乱れやすくなるため、更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害が起こることがあるんですよ)障害が発症しやすくなるはずです。

そして、期間は45歳~55歳だといわれております。つまり、この約十年間が更年期ということになりますね。ただこれも目安でしかありません。

早い人だと20代とか、あるいは30代で更年期障害になってしまう方もいらっしゃいます(20代ではいくらなんでも早すぎますよね)。若いから大丈夫などと油断してはいけません。

ある日ある時、いきなり患う事もあるでしょう。(そうはならないためにも油断大敵です)

特に過度なダイエット(色々な方法がブームになります。でも、結局のところ、食事の改善と運動しかないんですよね)をしてる人、生活習慣が不規則な人、食生活が乱れている人などはホルモンバランス(ストレスが特に影響すると考えられているのです)が乱れやすいので、若い年齢で発症する可能性が高いでしょう。

しかしながら、50歳前後になっても更年期障害を発症しない人もいるんですよね(20代でなる人がいる中で不思議な気もします)。

実のところを言えば、発症する年齢というのは個人差が非常に大きいのです。自分では気がつかないだけで、本当は既に更年期(人によって具体的な時期に違いがあります)障害を発症している可能性だってあるということです。

タグ:更年期障害
共通テーマ:健康 | 編集

禁煙して肌が変わらないわけがありません

タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)を吸うと肌に悪いと言われているものですが、これは本当のことを言うのです。

美肌になりたいのであれば、禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)することがおすすめです。

その理由は以下の三つの有害物質が関係しているのです。一説によると有害物質は200種類にも上るんですよ。

【タバコの三大有害物質】
・ニコチン(アルカロイドの一種で、煙草に含まれていることでよく知られています)
・タール
・一酸化炭素

ニコチン(アルカロイドの一種で、煙草に含まれていることでよく知られています)は血管を収縮させる事により、血液の流れを悪くする作用を持っているんです。

血液の流れが悪くなると新陳代謝(古い細胞と新しい細胞が入れ替わることなどをいいます)が悪くなるので、しわやたるみといった肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)を起こす可能性が高いです。

タール(タバコのタールの中には、200種類くらい人体に有害な物質が含まれていると考えられています)の成分には肌の色を黒くする作用があり、毛穴の黒ずみを生む原因になります。

一酸化炭素を体内に取りこむと体が酸素不足に陥ってしまいます。ということで、肌に悪影響を与えるのは当然のことです。

また、タバコを吸うと健康的な肌を作るのに必要なビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)を大量に消費してしまうから、しみ・そばかす・にきび・しわといった肌トラブル(思春期になると次第に増えてきますね)を起こしやすいです。

タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)にはこういう働きがある為、肌のことを考えるのであれば禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)なさって下さい。

禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)してすぐに肌が戻る訳ではありませんが、段々に肌の状態が綺麗になっていくので、それをモチベーション(人によって維持のさせ方、再燃のさせ方が畭なるものです)に禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)を頑張っましょう。


タグ:タバコ 禁煙
共通テーマ:健康 | 編集

育毛に効果のある食べ物とは?

育毛できる食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がよいでしょう)は以下の通りでしょう。

・たんぱく質が豊富であること
・ビタミンB2が豊富であること
・ビタミンEが豊富であること
・ビタミンC(化学的な定義では、アスコルビン酸のL体のことです)が豊富であること

たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分です。また、体重の約五分の一を占めているといわれています)は髪を形成しますからに必要である栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)で、牛乳や大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです)、鶏肉などにたくさん含まれているのですね。

ビタミンB2は髪を成長させるのに重要な栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんですよね)です。

また、レバーや魚、牛乳などに多くふくまれているのです。

ごまやうなぎといった食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)に多く含まれているビタミンEは血行促進作用を持っているため育毛に有効なのです。

ビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)には頭皮の状態を整える作用があって、緑黄色野菜(色の濃い野菜だと思っていれば、ほぼ間違いのないところです)に多く含まれています。

こういった食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)を積極的に食べることで育毛をする事が出来ます。

ただし、そうはいってもこればかりを食べても栄養バランスが悪いので髪にも体にも良くません。

栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)を考えながら育毛可能な食べ物を口にするようにしましょう。

また、脂肪分の多いものや糖分の多いものは皮脂(過剭に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまいますす)の分泌を促進させる働きがありますから、なるべく控えるようにしましょう。


体臭対策にお風呂を活用しましょう

当たり前というような気がしないでもないのですが、お風呂で体臭対策ができるといわれているんですよね。それって本当なのでしょうか(言うまでもないことでしょう)?

ハッキリ言いますと本当のことなのです。ただし、体臭改善を目的に、お風呂の入る場合、その入り方に注意が必要であるということです。

ちなみに、体臭対策を考えた場合の、お風呂に入る時のポイントは下記の通りになります。

(1)湯船にしっかりと浸かること
(2)体を優しく洗うこと(洗いすぎてはいけません)
(3)湯船にお酢をいれること

まず、シャワーだけで済ませている人は問題があります(忙しいと、ついついシャワーだけで済ませてしまう方が多いですからね)。体臭対策を考えた場合は、しっかりと浴槽に浸かるようにすべきです。

浴槽に浸かることによって、汗をかくことができますし、体の中の老廃物を排出する事ができるのです。

汗をかくためにも半身浴(ぬるめのお湯にじっくりつかり、肩を冷やさないようにタオルで覆うのがポイントです)をオススメします。

少しぬるいと感じる程度のお湯で二十分くらい度半身浴(冷え性の改善やダイエットにも効果的だといわれています)をすれば大量の汗をかく事が出来るはずです。

体臭を消すためには、ついつい、体を強く洗ってしまいがちです。しかしながら、このような洗い方は体臭を悪化させる原因になるので注意しましょう。

必要以上の皮脂(過剰に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)まで落とさないようにやさしく洗ってください。

また、洗いすぎも禁物です。

お酢には強い殺菌効果があるため、湯船(和式、洋式、和洋折衷の三タイプに分類できます)に数滴入れると体臭(年を取ると加齢臭がするようになりますし、胃腸に畭常があると口臭がするようになります)予防になるということです。

以上のことを意識しながらお風呂に入るようすることを強くおすすめします。

共通テーマ:健康 | 編集

いびきが酷い場合は病院に行きましょう

いびきでお悩みの方って、けっこういらっしゃいますよね。もしかしたら、本人よりも同居する家族が迷惑だったりする場合もあるでしょう。そんな時、いびきがあまりにもひどいのであれば、やはり病院に行った方がいいかもしれません。

いびきがひどいと一緒に寝ている人の睡眠(寝ている間に、記憶の整理などを行っているといわれています)を妨げてしまうことがあるものですし、本人の健康にも悪影響を及ぼしていることも考えられます。

一般的に言われていることで、『いびきは大きい方が熟睡している』と認識されているようですが、それは違います。

いびきが大きければ大きい方が体には悪く、ひょっとすると何かしらの病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)が原因で起こっている可能性ももあるのです。


単なるいびきだと自分に言い聞かせて放置してしまったりすると、厄介なことになる可能性もあります。

ということで、いびきが本当にひどい場合は、早いうちに改善をした方がいいんですね。しかしながら、そうは言っても、自分で治そうとしたとして、なかなか治らない場合もあるはずです。

そこで諦めてしまう人もたくさんいらっしゃるのですが、いびきは病院で治療出来るんですよね。

『いびきで病院に行くんですか?』などと思われるかもしれないですが、いびきで病院に通っている人って、実はたくさんいらっしゃるんですよね。ここは、一つあまり身構えないで病院に行ってみてはいかがでしょう?

タグ:病院 いびき
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます