So-net無料ブログ作成
検索選択

顎関節症を改善できる割り箸の驚きの効果とは?

割り箸(木の他に竹が使われていたりしますよね)を使用することで、顎関節症を改善できる可能があるとと言われていますが、本当のことなのでしょうか?

ハッキリ言わせていただきますと本当なのです。

それにしても何だか、嘘っぽい話に聞こえますよね。割り箸(形状によって元禄や利休といった名前がつくこともあります)を使うことで症状を大幅に改善出来ますよなんてお話は・・・。それでは、具体的にどのように使うのでしょうか?

まず、二本の箸を左右の奥歯まで入れましょう。そして、口を思いきり開けてくださいね。そして、割り箸(爪楊枝が一緒に入っているタイプもあります)を噛んで、口を開けてを数分間繰り返にして下さい。

そうして箸を抜いて口を開けるとどうでしょう?不思議なことに、このトレーニングをする前よりも口が開きやすくなっているはずです。

毎日このトレーニングを行うことで、どんどん症状は改善していくというお話です。ということで、顎関節症に悩んでいる方は試してみませんか?

ポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えたりします)は毎日、根気強く継続することですね。

但し、痛みを強く感じる場合はやめておきましましょう。少しずつ行うことで慣れてくるはずです。そうすれば、痛みも弱くなって続けられるようになります。

それに何より、用意するものと言えば、割り箸のみです。また、やり方も簡単なことから、どなたでも始める事ができるはずです。

これでも治らない場合は病院で治療(医師とよく話し合うこと、それが後悔しないためには大切です)を受けましょう。

共通テーマ:健康 | 編集

対人恐怖症の治療に効果のある本があります

対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねないのです)には、薬での治療と心理療法の2つの治療方法があります。

それは、対人恐怖症(その民族性から日本人に大変に多いといわれています)の症状などに合った医師の判断によって行われることになります。

まず、薬物療法と言いますが、実は対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたらしい)専用の治療薬というのは存在しないのです。

ということで、対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症などもあります)によって起こる症状を抑えてたり、自律神経を整える薬などが処方されるはずです。

症状を緩和する事は出来ますが、対人恐怖症そのものを完治させることは出来ません。この辺りのことは理解しておきましょう。

次に、心理療法(主に対話を通して、精神疾患や心身症の改善を目指すことになります)は周りの人との関わりが持てるように、その妨げとなっている要因をカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ばれる相談者の相談を受けることです)や訓練などで取り除くことになります。

対人恐怖症は、人それぞれで症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることもあります)が異なりますから、その人に合った治療が必要になるのです。

比較的症状が軽いということであれば、周りの人と接することへの取り組みの話などができるはずです。しかし、症状の重い人の場合そうはまいりません。例えば、外へ出ることにさえ恐怖を抱いてしまっていることもありますからね。

そういう状況であれば、社会へと一歩足を踏み出すことから始める必要があるのです。どちらにしても、精神面を鍛えることは必須です。

そのためにも、気を長く持って治療を根気よく行うようにしてくださいね。


共通テーマ:健康 | 編集

発達障害とは?その症状!

発達障害ってご存じですか?そもそも、発達障害を病気だと思われていらっしゃる方がいるようですが、それはちょっと意味合いが違っていると言えるでしょう。

実のところを言えば、発達障害は病気ではないのであります。それでは何かと申しますと、発達障害は生まれつき(先天的、先天性という言葉が使われることもあります)脳の一部に障害を持って生まれた人のことを言うんですね。

脳に障害があると聞くとハンディキャップ(競馬やゴルフ、ボクシング、囲碁や将棋など、あらゆる競技で用いられたりします)だと思ってしまうかもしれませんが、しかし、発達障害は症状を改善する余地はあると考えるべきです。

例えばのお話ですが、発達障害の人は相手の気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)を理解できなかったり、空気を読む事ができない、上手く相手とコミュニケーションを取れないなどのケースが少なくありません。

それに加えて、落ち着きがなく、勉強に集中することが難しいといったこともあります。発達障害にも色々な種類がありますし、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けるべきです)の現われ方は人によって異なると考えるべきです。

したがいまして発達障害の人は、一般的な人と比べた場合、生きていくのことがしんどいと言えますね。それに、他の人は出来ることを自分はできないという事実を当の本人が一番自覚しているということです。

そんなことから受けるストレスも普通の人よりも溜め込みやすく、うつ病を発症する危険もあることから注意が必要なのであります。

共通テーマ:健康 | 編集

視力回復コンタクトの費用ってどのくらいですか?

近年、視力を回復させたい人に注目されている視力回復法があります。それが、視力回復コンタクトなんですね。何しろ、あの女子レスリングの無敵の女王、吉田沙保里さんが利用していることでも有名ですからね。

この方法は、オサートやオルソケラトロジーとも呼ばれておりまして、特殊なコンタクトを装着して寝ることで、寝ている間に角膜を矯正してしまおうということです。その結果、視力が回復するのです。

一晩このコンタクトを装着して角膜を矯正すれば、個人差はありますが、日中は裸眼(多くの場合、めがねなどで矯正していない視力について使う言葉です)で問題なく生活できる程度に視力が回復するんですね。

また、この方法は、手術を行う必要がないので、最も手軽で確実な視力回復方法(色々と譭論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあるでしょう)と言えますね。

しかし、便利なだけではなく短所もあるので、しかっかりと考える必要があるでしょう。視力回復コンタクトの短所としましては、下記の3つが挙げられます。

(1)一般の人にとっては高額です。
(2)短時間の効果しか得られない。
(3)衛生上、不安に感じる。

まずなのよりも、視力回復コンタクトには健康保険が適用されません。したがって金額的には、25万円~40万円ほどの必要となります。

これって、決して安い金額ではありませんよね。3年間ほどで交換が必要ということもあって、経済的負担が大きいいと感じる人の方が多いと思います。

さらに、矯正による効果を長時間、維持出来るわけではありません。あくまでも一時的なものなので、時間の経過と伴に視力が低下してしまいます。

持続する効果は個人差があって、1日で元に戻る人もいますし、三日くらい続く人もいるということです。

また、使い捨てコンタクトではありませんから、継続使用ということで、手入れはこまめにしないと不衛生になってしまます。目のトラブルを起こす可能性を最小限にする必要があるんですね。

共通テーマ:健康 | 編集

自閉症の一種であるアスペルガー症候群の原因は?

自閉症の一種であるアスペルガー症候群(社会に適応できず、引きこもりになってしまったり、うつ病を発症することも少なくないといわれています)ですが、自閉症は遺伝や免疫学的な物が原因だと考えられております。

それに対して、アスペルガー症候群(広汎性発達障害の一種で、オーストリアの小児科医だったハンス・アスペルガー氏にちなんで名付けられました)は発症する原因が特定されていないのが実情です。

アスペルガー症候群(1980年代に精神疾患として定義された発達障害の一種です)の場合、親のしつけ(時には体罰が必要になケースもあるでしょう)や遺伝的な問題があるのではないか?とか、あるいは、幼少期に何らかのトラウマになるような事象があったのではないか?と思われがちです。しかし、けしてそういったことはありません。

親に原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)がある訳でも、育て方に問題がある訳ではないのです。

アスペルガー症候群の子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)は、何か1つのことにすごく熱心であったり、子供の時から異常に暗記(声に出す、書く、反復するというのが確実な方法でしょうか)力が良かったりするケースがあって、周りの人に親が教育熱心すぎるなんて言われてしまうことも少なくありません。

また、アスペルガー症候群には知的障害もありませんし、言語発達も普通の子と変わらないので、誤解を招きやすいという現実があります。

しかし、何か特定の物に、異常なほどの興味を持ったりするのもアスペルガー症候群の特徴です。したがって、そのような周囲の意見は全く気にする必要はありません。

アスペルガー症候群の考えられる原因としましては、近年、有力視されているのは脳の機能障害です。

しかしながら、脳のどの部分に障害が起きて発生しているかという点に関しても重要なポイントなのですが、この部分までは今尚、解明されていません。

子供がママ(英語ではマミーやマムなどと呼ぶことが多いかもしれません)の胎内にいる間に、何らかの問題が発生したことから脳の機能障害が引き起こされて中枢神経系に異常をきたしているのではないかという考え方が、現時点での有力な説といわれているようです。


共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます