So-net無料ブログ作成

胸焼けの応急的な対処としての牛乳の効果

胸焼けの症状を改善できる牛乳


牛乳(近頃では、給食のメニューに含まれていない学校もあるんですね)を飲めば胸焼けが改善出来ると言われているのです。これは果たして本当のことなのでしょうか?

ハッキリと言わせていただくとすれば本当なんですね。

そのために、胸焼けが起きた場合、応急処置として牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊すことあるでしょう)を飲むのも良いでしょう。

なぜ胸焼けが起きるのかといえば、それは胃酸が逆流して、食道を傷つけるからなんですね。牛乳た(まに腰に手を当てて飲む人がいます)を飲むと食道や胃の粘膜に膜をはる事が出来るんですね。

このような牛乳で作られた膜により、食道と胃を胃酸から守る事が出来る為に、胸焼けの抑制に効果のあるのです。

しかしながら、ただ単に牛乳を飲めば良いというものではないんですね。冷えた牛乳や、加熱しすぎた牛乳は、食道を刺激することになりますのでいけません。胸焼けを治したいのであれば、必ず常温の牛乳を飲むようにするべきです。


ヨーグルトでも改善できる胸焼けの


もちろん、牛乳が嫌いな人もいますよね。そんな方は、チーズ(牛乳などの動物の乳を凝固させたり、発酵させたりして作る乳製品のことです)やヨーグルト(菌さえあれば自分でも作れますが、品質を安定させるのは難しいでしょう)といった乳製品でも大丈夫です。

そんな中でもヨーグルト(健康のために食べるのであれば、特定保健用食品認可のものを食べるべきです)は、胸焼けの改善に高い効果を発揮することでしょう。

ただ、こういう牛乳や乳製品での胸焼けを改善させる方法というのは、あくまでも応急処置と考えるべきものです。

治らない場合は、病院に行って適切な治療(多くの場合、最新の技術は高額な経費が必要となります)を受けるようにしましょう。



共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。