So-net無料ブログ作成

胸焼けが続く場合は病気が潜んでいる可能性があります

胸焼けが続くことはありませんか?


病気(予防に努めることで発症や再発を防げる可能性が高くなるでしょう)が原因で胸焼けが起こることもありますから要注意でしょう。

例をあげるとすれば、下記のような病気(これになることで初めて健康の喜びを知るなどとよく言われることがあります)は胸焼けを起こす可能性があります。

(1)逆流性食道炎
(2)慢性胃炎
(3)胃潰瘍



逆流性食道炎の疑いがあるケース


胸焼けが起こる代表的な病気(先天的なものも少なくありませんね)と言えば逆流性食道炎でしょう。

逆流性食道炎は、生活習慣(生活する上での習慣を言います)や加齢などによって、胃酸が逆流することで発症する病気なんですね。

肥満傾向にある人、高齢者は発症しやすいので注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招くこともありますね)してくださいね。

慢性胃炎の疑いがあるケース


胸焼けをは筆頭にして、吐き気や胃痛、胃もたれ、げっぷなどといった症状を自覚しているのであれば慢性胃炎の疑いがあるでしょう。

ストレス(人間関係が主だった原因になることが多いと言えます)や食事の習慣、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリというのが正式な名称ですが、ピロリ菌の方が知られています)の影響によっても発症します。

胃潰瘍の疑いがあるケース
胃潰瘍も胸焼け原因となる病気なのであります。みぞおちに重くるしい痛みがあるのなら、胃潰瘍の可能性が高くなります。

上記以外にも「胃酸過多症」「十二指腸潰瘍」「食道潰瘍」「食道炎」「横隔膜ヘルニア」などの病気も胸焼けの症状が見られるようになります。

どの病気も治療(最先端の技術は高い費用がかかることが多いと言えます)をしないとどんどん症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行することも考えらるでしょう)が悪化して、胸焼けも酷くなります。

胸焼けという症状が繰り返し起きるようであれば、すぐに病院に行って診察してもらいましょう。



タグ:病気 胸焼け
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。