So-net無料ブログ作成

子供が成人病を・・・!低年齢化する成人病

成人病(二十歳を過ぎてから起きる疾患の呼び名です)は中高年がなるイメージが強い為、子供には関係ない疾患(予防を心がけることで発症や再発を防げる可能性が高くなるはずです)だと思っている方も多いでしょう。

成人病の...

成人病の...
価格:626円(税込、送料別)

たしかに中高年にありがちな疾患なんですが、子供(かすがいなどと言われることもあります)とは言っても油断はできないのです。子供が成人病(生活習慣が大きく影響していると言えるのであります)になると可能性も十分ありますね。

小中学生や幼児の肥満(食習慣の問題が原因になることがあります)が問題になっていますし、この20年間で急速に増えつつあるんです。

成人病(大人になってから発症する疾患の呼び名になります)は、いまや年齢に関係なく引き起こる疾患だと考えるべきでしょう。

子供の成人病(成人になってから発症する病気の総称になります)の原因として、食生活が深く関係しているのです。

動物性脂肪や糖分(糖分を控えるだけではいけません。実際にどのような糖を使うのかも重要です)などを多く摂っていますから、エネルギーオーバーの子どもが目立ちます。

肉ばかりを食べて、魚や野菜(最近ではマクロビがブームになっています)をたべない子供(出生率が下がっているといわれて久しいですね)も多いのです。

また、共働きの家庭が増えた事により、コンビニ弁当やファーストフード(手軽に買うことができることに加えて食べる時間が短い食事のこと)、冷凍食品などをたべる機会が多くなったのも関係しています。

それにさらに、外で遊ばずに家の中で遊ぶ時間が多いために、運動不足(現代人の多くは運動不足ですね)気味です。

子どもの成人病を防止する為には、しっかりと栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量を摂取することがポイントです)を考えた食事をさせて、運動も適たびにやらせるようにしましょう。

【医療注意報】
肝臓を健やかな状態にキープするには、肝臓の解毒する作用が衰えないようにする、言い換えると、肝臓を老けさせない対策を迅速に実行することが有効です。

タグ:子供 成人病
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。