So-net無料ブログ作成

洗い方に問題が・・・!体の洗いすぎることで悪化する体臭

体臭が気になるからと言って、1日に何度も体を洗う人たちがいます。

体臭というのは、体を何度も洗えば弱くなるという理屈だと思うのですが、実はその考えには誤りがあります。

洗い過ぎると反対に体臭(体から発する臭いのことで、一般的には悪臭の部類にうなります)が悪化してしまうんですね。

皮膚(キレイだと男性に好卭象を与えられますよね)にはいいニオイを出す善玉菌と臭いニオイを出す悪玉菌と呼ばれる細菌が寄生しておりまして、これが体の臭いと深く関わりがあるのです。

体を洗い過ぎると皮膚(実は常在菌がいるそうですが、そう考えるとちょっと怖い気がしますよね)からいいニオイを出す善玉菌が消え、臭いニオイを出す悪玉菌が増殖することになります。その結果として、体のにおいが酷くなってしまうのであります。

体臭(人に不快感を与えることもありますし、コンプレックスにもなりかねません)を消すために体をなんども洗う行為は逆効果になりますから、洗いすぎないように注意しましょう。

そして、洗い方にもコツがあるのです。まず、善玉菌を適度に残すために手で洗うようにしましょう。その時、石けんやボディーソープをしっかりと泡立てることが大切です。

泡立てて洗うことで、善玉菌を適度に残し、悪玉菌の繁殖を抑制することができることから、体臭(年を取ると加齢臭がするようになりますし、胃腸に異常があると口臭が発生します)の悪化を防げるでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。