So-net無料ブログ作成

無理なダイエットが原因でケトン体が生成されて発生する体臭

ダイエット(摂取カロリーを抑えて、消費カロリーを増やすというのが基本でしょう)をする女性はよく聞きますが、やり過ぎは体臭(体から発する臭いのことですが、一般的には悪臭ということになりますね)を酷くする原因になってしまうでしょう。

特に食事制限(多くの場合、カロリーや塩分、糖分、タンパク質、脂肪などを制限することになります)によるダイエットは非常に危険であると言えます。

炭水化物(摂り過ぎると糖尿病に繋がりやすくなります)やタンパク質を一切口にしないようなムリな食事制限(食事療法のことですね)を続けていると脂肪を燃焼させてカロリーを作り始めます。

こういった状態で発生する汗は通常の汗とは異なります。どのようなものかと申しますと、ケトン臭と呼ばれる甘酸っぱい体臭が発生してしまうんですね。そうならない為には、体臭を防止するためにも無理な食事制限は控えるべきなのです。

では、どうすればケトン臭を発生させずにダイエット(短期間で行うのは危険です)出来るのでしょうか?一番大事なのは食事のみで痩せようとせずに運動を取り入れることが大切です。

ウォーキングやジョギング(最近では、ウォーキングに近いペースで走るスロージョギングも流行っていますね)、水泳と言った有酸素運動を行うようにしましょう。

有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)は脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)を効率よく燃焼させる事ができるので、ダイエットに向いていらっしゃるでしょうね。

更に筋トレを組みあわせることにより、もっとダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うケースもあります)効果をUP可能です。

食事は過度に制限するのではなく、エネルギーと栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切なのであります)を考えたメニューをかんがえてたべるようしましょう。


共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。