So-net無料ブログ作成

子供にも起きる可能性がある睡眠障害

睡眠障害は大人がなるイメージがありますが、子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も少なくありません)でも発生するかといえば、子どもでも発症することがあるのです。

それよりも、子供の睡眠障害は増加傾向にあるといわれているんですね。ということで、注意(散漫だとミスやケガが多くなりがちです)しないといけませんね。

子供の睡眠障害の要因としてあげられるのは、十分な睡眠がとれていないということになります。

子供の睡眠時間は、学年が上がるごとに短くなり、十分な睡眠がとれていないと感じている子供(電車などで泣き喚かれるとイライラすることも多いでしょう)は増加傾向にあります。

そして、大都市に住んでいる子供ほど、寝るのも起きるのも遅いと言えるのではないでしょうか?

また、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになることがあります)により睡眠障害(睡眠障害国際分類では、睡眠畭常、睡眠時随伴症、内科・精神科的睡眠障害、その他の四つに分類されています)をおこしている子供も多いのです。

受験勉強(毎日コツコツできる人には結局敵いませんね)が精神的負担になっていたり、人間関係がストレスになっている事もあります。

さらに言えば、家庭環境の悪さがストレス(完全になくすというのはなかなか難しいものです)で睡眠障害(睡眠に関するあらゆる障害のことです)をおこしている場合も多いんですね。

子供(いくつになってもかわいいものかもしれませんね)も大人と同様、色々なストレスをかかえて生活をしているので、どのお子様にも睡眠障害になってしまう可能性は十分あると考えた方がよいでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。