So-net無料ブログ作成

入眠障害を改善する方法ってありますか?

寝ようとしているのにもかかわらず、全然眠ることができないとしたら、こらはやはり入眠障害の疑いがあると考えた方がよいでしょう。

入眠障害とは、寝付くまでに30分~1時間程度時間が掛かる睡眠障害の事です。

通常、一般的な人は1五分くらいで寝ることができることから、入眠障害の人は倍以上の時間が掛かっていることになりますね。

しかしながら、たまたま寝つきが悪いからと言って、入眠障害とは言い切ることはできません。入眠障害とは、毎日寝つきが悪い状態ことですからね。

このような入眠障害を改善したいということであれば、体を疲れさせることで改善できます。そこそこの運動で、体に疲れを与えれば、眠気を高める事ができるでしょう

運動をあまりしていない方はウォーキング(最も手軽で健康への効果が高い有酸素運動です)やサイクリング(レンタサイクルで観光地をまわったりするのって、いいですよね)などを始めてみてはどうでしょう?

また、就寝前に強い光を見ないということも、入眠障害を改善するのに約に立ちます。

寝る前にパソコン(アップル、デル、NEC、富士通、東芝、ソニー、パナソニックなどが有名どころです)や携帯の強い光を見てしまうと脳が覚醒するので、寝つきが悪くなります。

そのため、寝る2時間くらい前からは、パソコンや携帯、テレビなどを見ないのが理想(もし、得られたと思っても、こんなはずじゃなかったと思ってしまったり、さらなる欲望が湧いてくることも多いでしょう)です。

また、生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになることもあります)サイクルをしっかりと確立したり、寝る直前にお風呂に入らないとなども効果があるでしょう。

タグ:入眠障害
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。