So-net無料ブログ作成

体臭悪化の原因となる過度の飲酒

お酒を飲み過ぎると体臭(体から発する臭いのことで、一般的には悪臭という概念があります)が悪化する可能性がありますので注意が必要になります。

アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になる可能性もあります)を摂取すると体の中で分解され、アセトアルデヒドという物質に変化します。

このアセトアルデヒドが、悪さをして体のにおいをひどくさせるのです。

なぜならばアセトアルデヒドには刺激臭があることから、血液中では汗や尿、便、息などから嫌な臭いを発生させることになります。

またアセトアルデヒドは、24時間無くならないといわれていることから、丸1日体臭と付き合うことになってしまいます。

ただしこれは、あくまでもお酒を飲み過ぎた場合のお話です。お酒も、適量であれば体のにおいが悪化しません。

飲み過ぎがNGということで、絶対に禁酒しなければいけない訳ではないんですね。

お酒の量が多いと感じる方は、体の臭いも強くなっている可能性もありますので、節酒を意識(失ってしまうと、場合によっては生命の危険があります)された方がいいでしょう。

また、休肝日を設けて肝臓を休めるようにするべきです。過度なアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)は体のにおいに限った事ではありません。

お酒は、健康にも悪いのでほどほどにしておきましょう。

タグ:飲酒 体臭
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。