So-net無料ブログ作成

喫煙や飲酒と坐骨神経痛の関係とは?

喫煙(中毒性、依存性が高いので、止めるのがとても難しいのですが、それでも止めるべきですね)や飲酒と坐骨神経痛は何らかの関係あるのでしょうか?

ハッキリ言わせていただくとすると関係があります。タバコ(日本には南蛮船によって近世の初頭に持ち込まれたそうです)は「百害あって一利なし」といわれているのですが、これは正にその通りですよね。

坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいでしょう)にも影響があって、症状を悪化させてしまいます。

タバコ(コロンブスがヨーロッパに伝えたものです)に含まれるニコチン(青酸カリよりも毒性が強いのです)がコラーゲンを破壊することから、椎間板への負担は大きくなってしまうのです。

さらには、タバコって血流を悪くする働きもあることから不健康極まりない存在なのであります。もし本当に、坐骨神経痛を治したいのであれば、絶対に禁煙はNGです。

また、過度な飲酒(日本人はアルコールを分解する能力が低い人が多いという事実があります)も坐骨神経痛(臀部の下の方が痛む時には、疑があります)の改善を妨げることになる為止めましょう。

過度な飲酒はアセトアルデヒトと言う物質が神経に刺激することになるため、痛みが強くなってしまいます。

適量なら問題ありませんから、禁酒する必要はありません。しかし節酒は必要であると言えます。また、定期的に休肝日を設けるというのもよいでしょう。

お酒は適量であれば継続しても問題ありません。しかしタバコは症状を悪化させてしまうだけなので、絶対にNGです。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。