So-net無料ブログ作成

種類のある不眠症の症状!その原因って何?

不眠症(ストレスが原因になることが少なくないんですね)って皆さんもご存知ですよね。しかしただ単に不眠症(眠れないだけではなく色々な症状があるものです)と言っても、その症状(本人は分からないままに深く静かに進行することもあるのです)には多種多様なものがあるのです。

寝付きが悪い入眠困難、眠りが浅くて寝た気がしない熟睡(睡眠環境を整えることで、睡眠の質を上げることもできます)障害、夜中になんども目が覚める中途覚醒なんかの夜間に起こる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみる必要がありますね)と、朝早くに目が覚めてしまう早朝覚醒なんかの朝に起こる症状に分けることができます。

このような症状(時には説明が難しいことがあるかと思いますが、できるだけ頑張って伝えるべきでしょう)が積み重なることで、日中に眠気を感じてしまい、疲れがとれないなどの体調不良が起こる状態に陥ります。これが不眠症(夜は眠れないのに昼間の時間帯は睡魔に襲われることになるのです)というわけなんですね。

不眠症(眠りにつくことや眠り続けることができない睡眠障害のことを言うでしょう)は男性より女性(ならではの視点が重宝されることもある一方で、振り回されてしまうこともあるでしょう)に多く見られます。

したがいまして、幼いころは問題なくても20代以降、加齢と共にひどくなる傾向にあります。

さらに言えば、若い頃には入眠障害が起こってしまいやすいのですが、その一方で年をとるにつれて中途覚醒と早朝覚醒が起こり易いという研究結果もありますよ。

不眠症(体は睡眠を要求しているのに眠れないのは大変に辛いことだと言えるかもしれませんね)になってしまうと夜や朝につらいのはもちろん、昼間の眠気によって注意(怠ると取り返しのつかないような事態を招くこともありますね)(怠ると取り返しのつかないような事態を招いてしまう可能性があるのです)力が散漫になったりして普段の生活に大きな影響を及ぼします。

不眠症(市販の睡眠導入剤を長期間使用するのはあまり好ましいことではないんですね)にならないためには、自分の生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することがポイントです)をしっかり見直してみることが大切なのです。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。