So-net無料ブログ作成

発達障害とは?どんな症状なの?

発達障害と呼ばれる障害がありますが、皆さんは、これは一体どのような障害なのか、ご存じですか?

まず、発達障害を病気(早期発見、早期治療が完治のためには必要不可欠でしょう)だと思われている方がいますが、それはちょっとニュアンスが違うんですよね。


発達障害は病気(予防することで発症や再発を防げることもあります)ではなくて、生まれつき脳の一部に障害があるということになるのです。

脳に障害があると耳にしてハンディキャップだと思うかもしれません。しかし、、発達障害であるなら改善できるする可能性もあるということになりますね。

例えば、発達障害の場合だと相手の気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるでしょう)を理解できないとか、空気を読むことができない、あるいは上手に相手とコミュニケーションを取れなかったりするのです。

また、落ち着きがなく、勉強(大人はみんなやっとけばよかったと後悔するもの)に集中できないといったこともあるでしょう。

発達障害にも色々な種類があり、症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)の現われ方は人によって異なるのです。

ハッキリと言わせていただくとすれば、、発達障害の人は一般の人よりも生きづらい世の中ではあると言えるでしょう。そして不幸なことに、他の人はできるのに自分はできないというのを本人自身が一番理解しているはずです。

これって、大変に悲しいことだと感じることと思います。

そんなことから発達障害という問題を抱えている人は、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)も普通の方よりも溜めやすく、うつ病に発展してしまう可能性もあるということです。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。