So-net無料ブログ作成

頚椎症の症状でめまいに悩まされることもあります

頚椎症の症状は、急激に現れるというものではありません。症状は徐々に進行していくものなんですね。例えばのお話ですが、まずは肩こりや首のこりなどから始まったりします。

そこから次第に、前屈や後屈の際にとか後頸部や肩、腕や手に痛みが走るようになってくるわけであります。

さらに言えば、「腕や手の脱力感」、あるいは「疲労を感じる」、そして「指の感覚の異常や冷感」、「こわばりなどを感じるようになる」などがあるのです。

そこから悪化すると「文字を書く」、「物をつまむ」などといった「指先の動作がしにくい」ということで「諸々のことに時間がかるようになる」ということであります。

また、圧迫されている患部によっては、現れる症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)も異なってくるでしょう。

第5頸椎椎間板だと拇指に、第6頸椎椎間板だと中指に、第7頸椎椎間板であれば小指に感覚的な異常を覚えます。

症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)が進行するのにともなって、手の筋肉の萎縮や、皮膚温の低下、発汗異常、手指の変形などがみられるようになってくるのです。

それに、脊髄が圧迫されると、足に症状が現れ、歩行障害や便秘(およそ800万人もの人が悩んでいるといわれています)、排尿障害などに悩まされることもあります。

変形した頚椎が頭蓋内につうじる動脈を圧迫することがあって、そこまで進行しますと、首を曲げる等の動作の時に血行障害が生じることとなり、めまいがすることもあるのです。

タグ:めまい 頚椎症
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。