So-net無料ブログ作成

逆流性食道炎の症状には胸のつかえなどがあります

今の時代、増加傾向にあるという逆流性食道炎の患者数なのですが、もしこの病気かもしれないと感じた際には、すぐに病院で検査を行ったほうがよいでしょう(もちろん、他の病気だって早く病院に行くべきですけれどもね)。

そのまま何もせずにいると症状が悪化することがあります。そうすると、長期間の治療が必要になったり7します。

ところで、逆流性食道炎の検査って、どんなことを行うのでしょうか(検査の内容って気になりますよね)?逆流性食道炎の検査は、下記の通りになります。

(1)問診(できるだけ詳細に説明しましょう)
(2)胃カメラ(苦手な人が少なくありません)
(3)組織の検査
(4)PPIテスト

まず、必ず行うのが、問診(iPadで患者が入力する問診システムを導入している病院もあるんだとか)です。

問診では、お医者さんにどれだけわかりやすくご自身の症状を伝えることができるのかがポイントになります。

逆流性食道炎が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)か判らないという場合でも、気になる事がありますからあれば、遠慮せずにどんどん伝えるようにして下さい。

また、胃カメラを使って、胃の中を確認する場合もありますが、症状がひどい場合、びらんや潰瘍が見られることもあります(これってなかなか辛いものがありますよね)。

また、逆流性食道炎(略して逆食と呼ばれることが少なくありません)なのか、あるいは他の病気なのかを判断する為に、組織の検査を行うケースもあります。

さらには、酸分泌抑制薬による検査、PPIテストが行われることがあるかもしれません。

もし、プロトンポンプ(液体や気体を吸い上げたり、送ったりする機械のことです)阻害薬(PPI)を使って、症状)の改善効果が現れた時、逆流性食道炎の可能性は高くなります。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。