So-net無料ブログ作成

胃がんを治療する薬として漢方はどうでしょうか?

胃がんの治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に、漢方を用いるやり方もありますね。



胃がんと診断されました 名医が診断・治療のすべてを解説 (週刊朝日MOOK よくわかる!がん最新治療シリーズ 3)

常識的に考えて、胃がんの手術で胃の切除などをした場合、当然のことながら著しい食欲の低下などが起こります。また、体調が飛躍的悪くなることもあるでしょう。さらには、体力がすごく低下してしまったりすることだって少なくありません。

そもそものお話ですが、抗がん剤による治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)などが行われた場合、色んな副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)により障害が起こってしまう事も多いのであります。

ご高齢の人の場合、体力的な面を考えると治療が困難だという場合があるはずです。こういった、胃がんや胃がん治療に対しては体的に心許ないケースでは漢方薬による療法は向いていると言えるのでしょう。

例えば、低下している体力を補うような治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に漢方薬を使ったり、食欲がない方に対して食欲を増進させる漢方を用いたり、栄養バランス(必要な栄養素を毎日の食事で必要なだけの量摂ることが大切です)の崩れから来る体調の不良などにも効果が期待できるのです。

漢方はがん細胞そのものをへらすという治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)ではありません。免疫力を高めると言うような、間接的な治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)になるのですが、体力の無い患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)にとっては、良い治療法と言えます。

胃がんと診断されました 名医が診断・治療のすべてを解説 (週刊朝日MOOK よくわかる!がん最新治療シリーズ 3)

漢方を用いた治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は、副作用(いかに抑えて、効果だけを得られるようにするかが製薬会社の企業努力でもあります)がほとんどないという事もからも、メリットのある治療方法だと言えるのであります。

タグ:漢方 胃がん
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。