So-net無料ブログ作成

四十肩や五十肩を予防するためには

世間で一般的に「五十肩」と呼ばれる症状というのは、おそらく自分が経験(これが邪魔をして新たな一歩を踏み出せないこともあるようです)していない場合、「五十歳ころに肩が動かなくなる病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)」と思っている方が多いと思います。

しかし、実は早い方では30台で出るケースもあります。結局のところ、一番多く出るのが40~50台の為に、四十肩・五十肩等と呼ばれているのです。

どんな方でも必ずなるようなものではありません。また、力仕事をしているわけではなくても五十肩になってしまった方もいるのです。

また、親族に五十肩を発症した方がいる場合には起こりがちな傾向があるんですよね。したがって、遺伝的な要素もあると考えられています。

とうことで、親族に五十肩の人がいる場合には、自分にもその可能性があると考える必要があります。前もって予防対策を取っておいあてょうがよいでしょう。

五十肩は肩の関節の周辺が炎症(何らかの原因により、免疫応答が働いて起こる症状のことをいいます)を起こしてしまったりする症状なのですが、重いものをもったり、手を上げた状態で作業することが多い職業の方などは特になりやすい傾向があります。

できる限り肩に負担のかからないような生活を日常的に心がけましょう。また、肩の冷えにも注意したほうが無難です。

また逆に、運動不足の方にも起きやすい傾向があるんですよね。ですから、常日頃から肩を動かす運動を習慣付けもまたたいせつなことです。

自分の肩のあたりを手で掴んで、ひじをグリグリと円を描くように回す運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が効果的なんですね。

ほんのささいな合間にもすぐに行うことが出来る体操(ムリをせず、正しいフォームを意識して、毎日コツコツやることが大切です)ですので、不安のある方は特にこの体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)を習慣づけていただきたいかもしれません。

タグ:五十肩 四十肩
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。