So-net無料ブログ作成

手汗の原因は自律神経の乱れだったりします

手汗(握手したり、手をつないだりするのが苦手になってしまいますね)の要因としては、自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)の乱れと言われているんですね。

自律神経が乱れると、過度な緊張状態に陥って手に大量の汗をかいてしまうのであります。

この時に出る汗は、自分ではコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)出来ず、手汗を気にすれば気にするほど緊張感が高まりしまうため、余計に手汗が酷くなってます。

では、どういう理由で自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)が乱れてしまうのでしょう?

自律神経(ストレスや不規則な生活、寝不足など様々なことが原因で乱れてしまいがちです)が乱れる主な理由は、次の3つです。

(1)ストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)
(2)不安
(3)緊張

過度なストレス、不安、緊張を抱えることによって、自律神経(上手く働かなくなると、全身に深刻な不調が発症するでしょう)が乱れてしまい、手汗をかいてしまいます。

また、過去に受けた何かしらのトラウマが原因となることもあります。しかし、一番良いのは手汗をかいても気にせずに生活をする事なんですよね

気にすると、ますます症状が悪化してしまうのです。手汗をかいても問題ないと思うことが精神的にも楽ですから、大切なんですね。

ただ、それでもなかなか手汗の症状が改善しない場合は、専門医と相談し、適切な治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)をしてもらった方が良いでしょう。

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。