So-net無料ブログ作成

禁煙して肌が変わらないわけがありません

タバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)を吸うと肌に悪いと言われているものですが、これは本当のことを言うのです。

美肌になりたいのであれば、禁煙(最近では、喫煙できるスペースがかなり減っていますね)することがおすすめです。

その理由は以下の三つの有害物質が関係しているのです。一説によると有害物質は200種類にも上るんですよ。

【タバコの三大有害物質】
・ニコチン(アルカロイドの一種で、煙草に含まれていることでよく知られています)
・タール
・一酸化炭素

ニコチン(アルカロイドの一種で、煙草に含まれていることでよく知られています)は血管を収縮させる事により、血液の流れを悪くする作用を持っているんです。

血液の流れが悪くなると新陳代謝(古い細胞と新しい細胞が入れ替わることなどをいいます)が悪くなるので、しわやたるみといった肌トラブル(敏感肌や乾燥肌、くすみやたるみ、くまなど、様々な肌トラブルがあります)を起こす可能性が高いです。

タール(タバコのタールの中には、200種類くらい人体に有害な物質が含まれていると考えられています)の成分には肌の色を黒くする作用があり、毛穴の黒ずみを生む原因になります。

一酸化炭素を体内に取りこむと体が酸素不足に陥ってしまいます。ということで、肌に悪影響を与えるのは当然のことです。

また、タバコを吸うと健康的な肌を作るのに必要なビタミンC(不足し続けると、壊血病を起こすこともあり、人体には必要不可欠です)を大量に消費してしまうから、しみ・そばかす・にきび・しわといった肌トラブル(思春期になると次第に増えてきますね)を起こしやすいです。

タバコ(ニコチンには依存性があるため、一度習慣になってしまうとなかなかやめられないでしょう)にはこういう働きがある為、肌のことを考えるのであれば禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)なさって下さい。

禁煙(禁煙外来では、一定の条件を満たしている場合、健康保険が適用されます)してすぐに肌が戻る訳ではありませんが、段々に肌の状態が綺麗になっていくので、それをモチベーション(人によって維持のさせ方、再燃のさせ方が畭なるものです)に禁煙(世界的に禁煙の動きが高まっており、喫煙率は低下傾向にあるそうです)を頑張っましょう。


タグ:タバコ 禁煙
共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。