So-net無料ブログ作成

赤面症対策のツボってどこにあるの?

赤面症(あがり症の症状の一種です。)に効果があるツボとして最も有名なツボに、労宮(ろうきゅう)を上げることができます。

労宮は手のひらにあるツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学においては、刺激を与えることで不調を調整できると考えられています。)で、このツボを刺激することによって、精神を安定させる効果が有るとされています。また、ツボの場所も比較的見つけやすいでしょう。

労宮のツボを見つけるには、指を曲げてみてください。そして中指の先あたりに、凹んだ場所が該当します。

労宮は強く指圧してはいけません。それこそ軽いタッチで指圧する事によって、安心感をもたらす事が出来るツボなのです。

緊張して動悸(緊張している、恐怖を感じているなど、原因がわかっていて、それが解消されると治まるのであれば問題ありません)が早まった場合などにも効果があると言われています。

人前でもあまり目立たずに、簡単に指圧することができるの便利なところです。

また、手首に存在している神門(しんもん)と呼ばれるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)にも、赤面症の症状を和らげてくれる効果があるのです。

神門は手首(転んだ時にとっさに地面につくことが多いですね)を握るようにして押す事ができるために、より自然に目立たずに押せるはずです。

赤面症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を感じた時のみならず、日頃からこれらのツボを指圧して体質(遺伝や環境にも左右されます)改善を試みてもよいのではないでしょうか?

共通テーマ:健康 | 編集
※ご注意
このブログで紹介している画像やテキストは、楽天から掲載しています。
クリックすると楽天に飛びますのでご了承ください。
Copyright © みんなの医療と健康対策 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。